スポーツ

マサヤ奥川、アルミニアの後半ゴールで逆転を助けました。

奥川雅也は、ドイツのブンデスリーガで10人のアルミニア・ヴィレフェルトがレッドブル・ライプツィヒを2-0で破った。

印象的なアウェイ勝利は、低調のビレフェルトが火曜日にボフムに対してホームで2-0に勝った後、シーズンの3回目の勝利であり、2回目の連続勝利でした。

ライプツィヒ・レッドブル・アリーナから前半58分、ヤニ・セラが先制ゴールを破ったが、ファビアン・クロースが70分退場を受けて、もう一度の逆転勝ちを期待した訪問者が危うくなった。

奥川は前半75分、先制ゴールをオフサイドに追い込んだ後、失策なしに意気良良な仕上がりで結果を先取りした。

ArminiaのフォワードFlorian Krugerは攻撃エリアで間違ったパスを傍受し、Okugawaをすばやく見つけました。

25歳の攻撃型ミッドフィルダーは、リーグプレイでシーズン記録を5ゴールにもたらしました。

他のブンデスリーガでは、長谷部誠と神田大一が先発出場し、マインツを訪問して1-0勝利を収め、原口元気は後半戦にボフムを相手に1-0勝利を収めたユニオンベルリンのためベンチから出てきました。

ベルギーの第1部リーグで、Kaoru MitomaはRoyale Union Saint-Gilloiseでシーズン5番目のゴールを記録し、ホームでCercle Bruggeに対して3-2の逆転戦を引き起こしました。

Sint-TruidenのTaichi Haraは、Gentとの戦いで2-1で敗れた試合で2番目のゴールを決めました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  マスターズノート:初めて日本はオーガスタの指導者の本拠地です。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close