スポーツ

マスターズチャンピオン松山、日本で5打差で勝利

松山は習志野カントリークラブで合計65打15アンダー265打を打った。 彼の7番目PGAツアー優勝だった。

疑いの余地があった場合松山はパー5の18番ホールでセカンドショットで約12フィートまでスリーウッドを打ってイーグルパットを成功させた。

ホームトーナメントで優勝したことが、いつだと思うかとの質問に松山は通訳を介して「おそらく18歳のセカンドショットをしたことです。おそらくそれクリンチャーだったようです。」と言いました。

彼は「この国でも、日本のファンの前優勝することが最大の目標の一つだった」と付け加えた。 「こなすことができてとても幸せです。そして、2019年にタイガーがマスターズで優勝し早朝チャンピオンシップで優勝したので、私も応じてすることができてうれしいです。」

アメリカ人は10アンダー2位に上がった。 Brendan Steeleは66、Cameron Tringaleは69打を打ちました。

Tringaleは18番ホールまで松山市を2打差で撒きたが、日本選手のイーグルとアメリカの選手の表示が5打クッションを作った。

「私は、いくつかのリスクを取る必要があった、残念ながら結果が良くなかったが、16個の非常に良いホールをプレーし、その日がその日でした。」とTringaleが言いました。

全英オープンチャンピオンのコリン森川(Collin Morikawa)は、最終ラウンドで69打を打って松山市に10打差でリードされた。

東京オリンピックチャンピオンであるザンダーショーペレ(Xander Schauffele)は、68を打って同率を記録し、リッキー・ファウラー(Rickie Fowler)は2連続71打を打って3オーバーを記録した。

Schauffeleは「それは完全に同じ経験がなかったよくプレイしていなかったが、閉鎖COVIDルールにもかかわらず、ここにあることを楽しみました。」と言いました。 「ここで家族数人を見た、本当にクールだった。見る機会が多くなくて私には輝く瞬間でした。」

アジアのスイングでPGAツアーの唯一のストップは、世界ランキング上位20位のうち3人に過ぎません。

___

より多くのAPゴルフ:https://apnews.com/hub/golfとhttps://twitter.com/AP_Sports

(Copyright 2021 by Associated Press。All Rights Reserved。)

READ  日本の投資スターが東芝取締役会の紛争に巻き込まれた方法

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close