マダガスカル一回限りの損失で日本住友商事純利益32%減少

Estimated read time 1 min read

東京:日本貿易会社住友商事(Sumitomo Corp)は、3月に終了した会計年度の純利益が前年同期比31.7%減少した3,864億円(25億ドル)を記録したと発表しました。 これは、4つの事業で1回限りの損失を被ったためです。

アナリストが参加したLSEG世論調査では、住友の会計年度の純利益を5,049億円と予測しました。

住友は、マダガスカルのアンバトビーニッケルプロジェクトを含め、問題のある4つの事業で合計1,500億円の1回限りの損失を記録したが、これにより純利益がほぼ半分の890億円に達した。

去る4月1日に就任した上野申告CEOは木曜日のブリーフィングで「すべての利害関係者のためのアンバトビープロジェクトの最善の未来政策を決定するために可能なすべてのオプションを考慮するだろう」と述べた。

撤退がオプションの1つであるかどうかを尋ねる質問に、上野は住友の最優先課題は、工場の欠陥を修正してニッケル生産を正常レベルに戻すことだと述べた。

彼は、「その後、私たちの経済的、社会的責任を考慮してすべてのオプションを考慮しなければならない」と述べ、このプロジェクトによって事実上の帳簿価額がすべて損なわれたため、これ以上の損失はないと予想されると付け加えました。

Ambatovyの生産安定化と収益性を向上させるために苦労しているSumitomoは、2月にこのプロジェクトのニッケル生産量の見積もりを下方修正しました。

2005年にAmbatovyプロジェクトを開始し、今年度は35,000メートルトンのニッケルを生産すると予想しています。

2025年3月に終了する会計年度には、化学・鉱物資源事業の強力な成果に支えられ、5,300億円の純利益を見込んでいます。

また、2027年3月までに純利益を6,500億円に増やし、総株主収益率40%以上を達成する目標を含め、4月から3ヶ年経営計画を公開しました。

($1 = 155.8700円)

READ  ホンダがロシアへの輸出を中止すると、より多くの日本の自動車会社が従うことができます
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours