トップニュース

マックスフェルースタトペᆫ「ダ​​ウンフォースレベルの判別が重要」/レッドブルホンダF1、ロシアGP金曜日フリー走行【F1-Gate.com】

レッドブルホンダF1マックスフェスタッドペᆫヌン2020年F1世界選手権第10戦F1ロシアGP初日のフリー走行を7番目に終えた。

FP1で最大フェスタッドペᆫヌン力強い走りで3回目を記録した。 しかし、FP2は最後のコーナーでスピンを受ける場面も全体の7番目にセッションを終えた。

「このソチのコースは私達にふさわしいコースではないが、今日行われた両方のセッションでそれぞれ異なるダウンフォースレベルを試してみてどれが最良の選択を考慮した」とマックスフェルースタトペᆫコメント。

「FP2より良い結果を出すことができただろうが、コンピュータ上のすべてのことを試みることができる。作用したことも効果がなかったこともあったが、明日の予選に向けて良い方向を見つけられた “

「明日の予選は厳しい戦いになるので、トップ3に入るのは少し難しいかもしれない。しかし、レースペースは十分に戦うの反応を感じているので、楽しみだ。ルノー三曲の良さも目立っているが、私たちは、最初に適切なダウンフォースレベルの把握に集中しなければならないと考える」

「予選は従事することがある。そして、私たちが表彰台を獲得するには、あと少し調整する必要がされるが、このレースウィークは良い戦いができるようだ “

関連:F1、ロシアGPフリー走行2回目:ボットス先頭でメルセデスがワンツー。 ホンダF1チームはフェルースタトペᆫ7番目が最高位

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックスフェルースタトペᆫ / レッドブル / ホンダF1 / F1、ロシアGP

READ  ソフトバンク非上場化協議再開 - 関係者 - Bloomberg

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close