トップニュース

マックスフェルースタトペᆫ「改善ので、改善に努力したい」/レッドブルホンダF1ポルトガルGP金曜日フリー走行【F1-Gate.com】

レッドブルホンダF1マックスフェスタッドペᆫヌン2020年F1世界選手権第12戦F1ポルトガルGP金曜日フリー走行2回目のタイムを終えた。

F1初開催コースで、まだコースにグリップが低いFP1で限界を探求するためにプッシュする走行が最大フェルースタトペᆫは3番目にセッションを終える。

FP2の先頭30分間はピレリタイヤのテストセッションが、チーム全体がプロトタイプのタイヤコンパウンドを使用義務化した。 テストの内容は、チームに開示されておらず、ピレリによって設定されたプログラムに沿って移動した。

ピエールオクラホマ機械の問題に応じてタイムリーな中断が明けた直後のターン1で最大フェルースタトペᆫは人側に交差してきたランススト(レーシングポイント)にお問い合わせください。 これは、再敵機が配置されてフェスタッドペᆫヌン燃料が少ない状態でソフトタイヤを使用したアタックラップを確認することができなかった。 それにもかかわらず、フェルースタトペᆫはこのセッションではバーワルテリア・ボットス(メルセデス)に続いて2回目のタイムをマークしている。

「今日はやや難しい一日となった。路面に新しいパッケージになっていることで、利用可能なラインが一つしかなく、膨れてしまう大きくグリップを失う状況だった」とマックスフェスタッドペᆫヌン言う。

「午後には風も強くなったが、FP1でFP2でシステムを向上させることができたと思うし、少し走行感も良くなった。まだ改善ので、さらに向上させることができるように努力行く “

「ピレリタイヤの新しい化合物を2種類試したが、面白かった。私たちは、自分たちがどのようなタイヤを履いているか把握していないが、両方の良い感じだったし、一方のセットの方がより良いと感じました。今年の使用しているタイヤより早くなるか分からないが否定的なコメントはない」

「この週末メルセデスは速いようだので、彼らと戦うことができるかどうかを言うことはまだ難しいが、どんな時でも不可能という言葉は使いたくない、我々は常に最善を尽くしているので、明日どうなるか見てみたい。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックスフェルースタトペᆫ / レッドブル / ホンダF1 / F1ポルトガルGP

READ  西武内海、743日ぶりの勝利の移籍後初勝利! 足吊りも5回0封 "しつこく投げられた」(Full-Count) - スポーツナビ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close