スポーツ

マット・アキノ、日本が台湾を脱出しながら国家代表チームデビュー

フィリピンのバスケットボールのレジェンドMarlou Aquinoの息子Matt Aquino、日本国家代表デビュー4分で2得点1リバウンド記録

フィリピン – 日本センターMatt Aquinoは、2023年2月26日土曜日、日本の沖縄アリーナで開催された2023 FIBA​​ワールドカップアジア地域予選2次ウィンドウで日本国家代表デビュー戦を繰り広げました。

近い試合にもかかわらず、現在の日本B.リーグから輸入しているShinshu Brave Warriorsは、まだローテーションを近くで4分で2点1リバウンドに仕上げました。

日本の血統を受け継いだPBAレジェンドMarlou Aquinoの息子であるAquinoは、1クォーター1分43秒を残してデビュー戦のチェックインを行い、フレーム29ティックを残して初の国家代表チームの勝点2点を記録しました。

総合的に27得点3リバウンド3アシスト2ブロックで日本を率いた22歳の西田ユダイは、2秒を残して決勝ゴールを入れた自由闘を流して最終得点に成功した。

Luke Evansは勝利で17のマーカー、12のボード、4つのダイムで勝利し、Kuei-Yu Chou Chouは17のうち8つのシュートで21ポイントに敗れた。

台湾と共に中国、オーストラリアが含まれるアジア予選の難しいB組で日本が勝利したのは今回が初めてだ。 彼らは2月27日日曜日にすぐに復帰し、オーストラリアと対戦します。

フィリピン、インドネシアと同様に日本も開催国特典で、2023年ワールドカップ進出が確定した3カ国の一つだ。 しかし、すべての国はまだ予選に参加する必要があります。 – Rappler.com

READ  新しいトヨタロールの中島「未来を望むより」 – Sportscar365

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close