エンターテインメント

マニカ/アーチャナとマニカ/サティヤンは世界卓球選手権大会の第4回進出

Manika Batraは世界卓球選手権大会のミックスと女子ダブルスの試合で8強に進出し、インドが歴史的なメダルでわずか1勝を残しています。

マニカとアルカナ・カマスは金曜日、ここで開かれた女子ダブルス16強戦でハンガリーのドラマダラズとジョージナ・ポタを11-4 11-9 6-11 11-7に勝ちました。

彼らは準決勝進出をめぐり、ルクセンブルクのサラ・デ・ヌテとシャリアン・ニーと対戦する。 銅メダルは、大会で敗れたすべての準決勝進出者に授与されます。

ミックスダブルスで、マニカとGサティヤンは、第8戦に進出するために最初の2試合を敗北させた後、Kanak JhaとWang Manyuのアメリカ – 中国のコンバインに対して勇敢な逆転を繰り広げました。

インドのペアは15-17 10-12 12-10 11-6 11-7に勝った。 彼らは8強で日本のハリモトトモカズとハヤタヒナに会う。

「素晴らしいトーナメントでした。強力なペアを相手にした素晴らしいカムバックでした。私たちは両方とも非常にうまく組み合わせました。継続的に勢いを保つことを楽しみにしています。確かに日本の最高のペアには大変ですが、私たちはすべてを捧げます」とシングル世界37位のSathiyanはPTIに語った。

しかし、Sharath KamalとArchanaの混合ダブルスは、フランスのJia Nan YuanとEmmanuel Lebessonに16戦で敗れました。

READ  プローブは、シュガーの息子と一緒に高位官僚たちの豪華な食事に着手した

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close