トップニュース

マネーロンダリング監視人が日本に落下点を与える

マネーロンダリング防止のための日本の措置は、国際番犬の失敗の評価に直面していると日経は金曜日に知り、日本が日本の区画化された官僚主義の壁を崩すもう一つの理由を提供した。

金融活動タスクフォースは先月末の本会議で、日本を「深刻な不足」または「進展の欠如」を示している国を分類するより厳しいフォローアップの下に置くことを決定した、と状況に詳しい筋は言った。 8月に発売予定の評価は、2019年末の検討に続く。

グループは、2008年の最後の評価以降、日本の進展を認めながら、「資金洗浄とテロ資金調達を防止するための措置が成果を出している」と指摘した。 しかし、政府の様々な部門間の協力不足のために問題をより効果的に解決できる法律や規制が危うくなりました。

39の加盟国と地域を有するFATFはマネーロンダリングとテロ資金調達のアクションの拘束力のある提言を発表します。 タスクフォースは、1989年にパリで開催された7人のグループサミットによって設立されました。

タスクフォースは、日本が資金洗浄を防止するために、金融機関の努力の監督を改善することを促しており、この分野の法律に違反した人々について、より強力な行政処罰と、より強力な処罰を要求していると思われます。

金融機関は、継続的なデューデリジェンス(潜在的な問題のために、顧客との取引を監視)とモバイル送金サービスなどのビジネスの資金洗浄のリスクに対する認識をめぐる課題にも直面しています。

この最新の評価に続いて、東京はマネーロンダリングを目的としたチームを編成する予定です。 内閣事務局に属するが金融庁と法務省を含む他の政府機関が参加しています。 日本はまた、より厳格な罰則を課すために、来年の議会に法案を提出する予定です。

資金洗浄のために努力は、幅広い政府機関を引き込んでおり、日本の官僚は、効果的に調整するために長い間努力してきました。 法務部は、テロ資金調達のために法律を施行します。 警察庁は顧客のデューデリジェンスを規制する責任があり、内閣府は非営利組織を監督しています。非営利組織は、犯罪組織に資金を広めるために悪用される可能性があります。

FATFの2008年の評価が不利以降、日本は、より強力な法律を強要しなければならないという圧力に直面しているしたが、機関間の協力不足でプロセスが泥沼に陥りました。 タスクフォースは、2014年の報告書で、日本の「多くの重大な欠陥を継続的に解決できなかった」は、懸念を表明している特異な声明を発表しました。

政府機関を分離するサイロは、長年にわたって、東京をノックアウトしたコロナウイルスの流行時に再び頭を続けた。 地方政府と保健省のような中央当局間の意思疎通が円滑ではないウイルスが拡散されることを防ぎます。

シュガー義久に首相政権はこれらの障壁を崩し誓っており、既存の省庁の境界を行き来する新しいデジタルエージェンシーと児童エージェンシーを計画しながら、この方向に進んでいます。 日本の資金洗浄対策の国際的信頼を回復するためには、同様の対策が不可欠である。

READ  任天堂と今後組むべきゲーム会社を考える

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close