マラソンデビュー展 平林、大阪サプライズ優勝

Estimated read time 1 min read

国楽靖大後輩平林清人が日曜日、大阪マラソンデビュー戦で日本人選手史上7回目に早い記録で優勝しました。

平林は、日本オリンピック代表選抜戦2次戦でウガンダ準優勝者ステファン・キッサ(Stephen Kissa)より4秒早く、大阪城公園で2時間6分18秒で決勝を通過した。

マラソンデビュー戦平林清人が2024年2月25日、大阪マラソンで優勝した。 (刑務所)

大学逆転中継スターとして知られる21歳の彼は「ただ幸せだ」と話した。 「思ったより仕事が上手く進んでいると思いました。勝利にだけ集中し、時間も嬉しいですね」

パリオリンピックに出場する小山直樹(Naoki Koyama)が29kmの地点を超えてペースを上げた後、先頭パックは約10人のランナーに減った。

平林は時間を待ってから今後約10kmを残して先頭に出ました。

キッサは大学ランナーに近づいていましたが、平林は最後の800mから退いた。

「私はこれが私の最高点だとは思わない。私はもっと訓練し、発展させたい」と平林は言った。

日本は今夏のオリンピック男子マラソンに3つの出場権を持っています。 小山と赤崎明はすでに昨年10月、東京マラソングランドチャンピオンシップでそれぞれ1位と2位に出場権を獲得した。

小山はオリンピック準備の一環として、日曜日のレースで2時間6分33秒で3位を占めました。

MGC 3位 大澤すぐる(Suguru Osako)は3月3日東京マラソンで日本陸上連盟が定めた時間である2時5分50秒以上出場しなければオリンピック最終出場権を占めることになる。

日本陸上連盟選手開発担当セコ・都市彦は「小山は訓練の一環として走り、目標どおり2分7秒を記録した」と話した。

「平林は驚くべき競技力を見せた」 元オリンピックマラソン選手が言った。 「彼の走り方を見て、彼は2028年ロサンゼルスオリンピックで私たちのマラソンスーパースターになると思うようになりました」

マラソンデビュー選手平林清人が2024年2月25日大阪マラソンで優勝し、ウガンダのスティーブン・キサが2位のために決勝に近づきました。 (刑務所)


関連プレス:

陸上:マラソン世界記録保有者Kelvin Kiptumが交通事故で死亡

陸上競技:エデサが大阪女子マラソンで優勝し、前田が日本記録を立てました。

陸上競技:青山学院大学東京-箱根駅前1日目をリード


READ  日本の物価がついに上がっていますが、続くのでしょうか?
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours