世界

マリ駐在フランスの大臣は、ロシアの傭兵たちの軍部圧迫

バマコ、9月19日(ロイター) – フランス軍長官が19日マリに到着して、軍事政権にロシアの傭兵を導く会談を終え、2月に憲法秩序を回復するという約束を守るように圧力をかけた。

外交と安全保障筋はロイター通信にマリ1年された軍事政権がロシアワーグナーグループを募集するために迫っており、フランスは、そのような配置が続く、フランスの駐屯と「両立できない」と言いながら、これを阻止するための外交努力を開始したと言いました。 続きを読む

西アフリカの主要な政治的ブロックであるECOWASとサヘル地域の武装勢力と戦う他の同盟国も、潜在的な取引についての懸念を表明しました。

しかし、2020年8月に政権を握った乾燥政府は、フランスがアルカイダとイスラム国家(IS)と連携した反乱軍の10年の間に作戦を欧州諸国を含むために縮小し始めた言及し掘り下げた。

日曜日にマリの外務省はワーグナーとの交渉の可能性についての隣人ニジェールの反対を「受け入れることができず、非友好的であり、屈辱的だ」と述べた。

フィレンツェ売れる(Florence Parly)の乾燥訪問はワーグナー(Wagner)との会談が出てきた後、フランスの管理の最高レベルの歴訪である。

フランスの軍部関係者は、訪問に先立って記者に売れるが、「乾燥当局が今回の決定を下すと、重い結果を招くだろう」と強調した。

彼女はまた、2022年2月の選挙につながる民主主義への移行スケジュールを守ることが重要であるとこの関係者は言いました。

フランスの管理は、対テロ作戦をまだパリに依存しているが、軍部との関係が「複雑だ」と説明しています。

パリは木曜日北部マリの西サハラからイスラム国家(IS)の指導者を殺害したと発表した。

Parlyは日曜日早くニジェールで地域運営を再編する計画を立てました。 続きを読む

フランス軍は今月初めからマリ北部のキダル、テサルリツイート、トンブクトゥの基地から軍隊を再配置し始めたフランス軍消息筋が伝えた。

フランスは1月まで再配置を完了することを望んでいる。 派兵代約5,000人で2,500-3,000人に減らし、より多くの資産をニジェールのに移し、他のヨーロッパの特殊部隊が現地軍と協力することを奨励しています。

サヘルのヨーロッパ軍はこれまで9カ国から来た約600人の兵力で構成されている。

パリでJohn Irishの報告; Bate Felix、Kevin LiffeyとDaniel Wallisの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  中国の広東省、ケース持続的にコロナウイルス対策強化

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close