技術

マーケティングCRMリーダーPipedriveの日本の成長は、2021年には100%以上行われます。

販売およびマーケティングチームのための主要なCRMのPipedriveは、過去3年間Pipedriveが日本で年平均80%以上の繰り返しの売上高成長率を達成したと発表しました。 Pipedriveの予後によると、日本で会社の成長率は、2021年には100%を超えることが予想されます。

2017年Pipedriveは賞を受賞しCRMの日本語完全にローカライズされたバージョンをリリースしました。 Pipedriveはまた、アイデアを交換し、他の専門家からの洞察を得ることができる、日本の販売およびマーケティングの専門家のためのコミュニティに別々のグループを設立しました。 実際の顧客の強力な評価と日本市場の急速な成長にPipedriveは権威ある日本のITreviewのCRM / SFA(Sales Force Automation)Spring Data Gridの両方のソフトウェアカテゴリで、顧客満足度で最高の評価を受けました。 ITreviewは、実際のユーザーレビューのみに基づいてITソリューションを比較する日本のソフトウェアの分析プラットフォームです。

Arho Anttilaは「ITreviewの認定を受けたのはPipedriveに大きな名誉であり、日本のすべての中小企業にPipedrive CRMを導入するために専念している、東京に本社を置くMaster Reseller Mer Incも認められるほどの価値があります。」と述べて。 Pipedriveのアジア、アフリカの総括マネージャー。 「私たちはPipedriveの賞を受賞し、製品を使用して、日本市場での顧客基盤を継続的に拡張することができますので、より多くの販売およびマーケティングの専門家が高度に自動化され、直感的で使いやすいCRMの恩恵を受けることができます。 その収益目標。 “

日本は常にアジアでPipedriveの主要市場の一つであり、市場で会社の立地が増加し、会社の生誕地であるエストニアと日本との間の関係を強化するのに役立ちました。 最近エストニア日本大使である肇キタ岡肇(Hajime KITAOKA)はPipedriveがエストニアのタリンにある会社、最大のオフィスを訪問し、Pipedriveで学ぶことができる教訓とエストニア語IT部門の成功について議論しながらPipedriveに敬意を表しています。 一般的に。 「伝染病にもかかわらずPipedriveが日本で成長し続けているのが印象的です。 日本市場での会社がさらに成功することを見るようになり嬉しいです。」とHajime KITAOKAは言いました。 Embassyは、Webサイトの訪問を指します。
https://www.ee.emb-japan.go.jp/itpr_en/Pipedrive.html

ITreviewは、実際のエンドユーザーの集団知識に基づいてIT製品とクラウドサービスを比較してランク付けは、日本のソフトウェアのレビュープラットフォームです。 ITreviewは、顧客満足度と市場での製品の認識の理解を提供するユニークな4象限マップであるITreview Gridを使用します。 Pipedriveの完全なレビューページ:https://www.itreview.jp/products/pipedrive/reviews

READ  [FGO]聖杯電線攻略| クエストリストを掲載中| AppMedia

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close