理科

マーチソン隕石など太陽系形成以前に作られた有機物を発見| sorae宇宙のポータルサイト

今回検出されたヘキサメチレンテトラミンと宇宙の物質の進化の関係をわかりやすく解説したイラスト。 (Credit:北海道大学)

北海道大学、東京大学などで構成された研究チームは、12月8日、マーチソン隕石の3つの隕石で太陽系が形成される前に作られた有機物を検出したと発表しました。 検出されたのは、ヘキサメチレンテトラミンという有機物で小惑星アミノ酸や糖この作成されたために不可欠な有機物です。 隕石がヘキサメチレンテトラミンが検出されたのは、世界初です。

星間分子雲星間空間にあり、濃いガスと塵の(ちり)で行うことができます。 この星間分子雲の中で、水、アンモニア、一酸化炭素などの氷で覆われてほこりに宇宙船や紫外線が当たることにより、様々な有機物が作られると考えています。 研究チームによると、今回検出されたヘキサメチレンテトラ民度こうして星間分子雲の中で作られたものと考えられるとします。

その後、星間分子雲の中で、太陽系が形成され、星間分子雲の中で作られた様々な有機物は、太陽系の惑星と小惑星などで満たされました。

このように小惑星の破片である隕石のヘキサメチレンテトラミンを含むことができたということです。

ところが隕石から今までアミノ酸や糖なども発見されています。アミノ酸と糖分は複雑な有機物生命の材料されます。

では、これらの複雑な有機物は小惑星でどのように作られたのでしょうか?

小惑星では、これらの複雑な有機物が作られるためには、材料にホルムアルデヒドとアンモニアこの欠かせないが、ヘキサメチレンテトラミンと水を一緒にして、熱を加えると、このホルムアルデヒドとアンモニアが作成されます。 したがって研究チームは、ヘキサメチレンテトラミンは、小惑星から生命の材料となる複雑な有機物が作られるための鍵になると考えています。

しかし、これまでの赤外線と電波による観測と隕石などを分析して、ヘキサメチレンテトラミンが検出されたのはありません。 したがって研究チームの今回の研究成果は、世界初の画期的なものです。

研究チームは、毎2によって持って行くされた竜宮サンプルの初期分析に従事する会員も含まれています。 研究チームは、今後類区のサンプルからヘキサメチレンテトラミンの検出を試みとします。

生命の起源の解明に大きな一歩になると期待したいですね。

地球から約2400光年の距離にある「セフェハウスB」という星間分子雲のイメージ。 チャンドラX線観測衛星とスピッツァー宇宙望遠鏡のデータを合成して作られている。 (Image Credit:X-ray:NASA / CXC / PSU / K. Getman et al。、IRL NASA / JPL-Caltech / CfA / J. Wang et al。)

画像出典:北海道大学/ X-ray:NASA / CXC / PSU / K. Getman et al。; IRL NASA / JPL-Caltech / CfA / J. Wang et al。
出典: 北海道大学
文/飯銅茂幸

READ  「フレームワーク」を利用することができない理由| ナヌヌンワリンク| ダイヤモンドオンライン

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close