経済

ミズホ、ロシア供給で第4四半期の純利益55.6%減少

TOKYO:日本で資産ベースで3番目に大きい融資機関であるMizuho Financial Group Inc.は、金曜日のロシアエクスポージャーのために7億ドル以上の引当金を支出し、第4四半期の純利益が55.6%減少したと報告しました。

ミズホは1~3月の四半期利益が518億円(4億250万ドル)だと明らかにした。 これは、Refinitivが調査した3人のアナリストの平均利益推定値786.1億円と比較されます。

ミズホは、コロナ19ファンデミック(世界的な流行)の間に蓄積された損失準備金を解除した昨年初めに反転したロシアの直接暴露による損失に備えて、四半期に準備金に969億円を追加しました。

銀行グループは、今年の事業年度の純利益が前年度より1.7%増の5,400億円を見込んでいます。 13人のアナリストが予測した平均5,746億円と比較した見通しだ。

Mizuhoは、感染症の影響が減少し、経済が徐々に回復するという期待に基づいて、今年の信用関連費用が減少すると予想しています。

日本の企業破産は、ファンデミックの経済的影響を軽減するために、政府補助金と中小企業への無利子融資のおかげで低い水準を維持した。

しかし、アナリストたちは、ウクライナの危機や円安が燃料や原材料コストが上昇しているため、そのような補助金が破産を抑え続ける程度には限界があると言います。

($1 = 128.6900円)

READ  東京証券取引所会長、コーポレートガバナンスに対する日本の進展を擁護

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close