スポーツ

ミック・シューマッハ、F2チャンピオンにF1に「自分​​の力で行われたかった」[F1-Gate.com]

ミックシューマッハは2020年FIA-F2選手権チャンピオンで、来年ハースF1チームでF1デビュー。

F2の歴史の中でミックシューマッハ程度の圧力を受けてきたドライバーは、おそらくないだろう。 7回F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シュマホウル父の21歳のミックシューマッハは当然父親と比較されて、F1デビューを楽しみにしてきた。

それでもミックシューマッハはいつも笑顔で落ち着いてリラックスしていた。 しかし、果たしてF2の優勝の瞬間は興奮を隠せなかった。

「自分の力で何かを達成したかった、自分がここにいる理由を、自分も証明したかった」ミックシューマッハは語った。

ミック・シューマッハのシーズンは決して良いことはなかった。 最初の2ラウンドを終えた時点で、わずか2点しか獲得していなかった。 しかし、そこから莫大な挽回を見せに10回表彰台を含む2勝を、熱子供ロット14ポイント差で王座を獲得した。

「シーズン開始は、私たちが計画したことはなかった」とミックシューマッハは認める。

「私たちは、すべて整理することができなかったし、それは主に私の側のものだった。チームは一年中良かったと思う。しかし、次第に表彰台が上がり始め、その2つの勝利もそうだ…ごめん言うが弱く!」

「チームと築いてきた関係が非常に重要であると考え.F2チームで2年間プレマチーム全体では5年間知っている。それは縁を作って信頼を作った。チャンピオンに非常に重要だったと思う」

「困難な時期にもプッシュし続ける自分の仕事を続けて前進するために努力を続けて、私たちはお互いに結束して同期を高めてきた。それは私たちのやってきた」

一貫性のミックシューマッハの武器であった。 優勝に向けた彼は4戦、ロシアの後の最後の戦いまで、すべてのレースで入賞てきた。 しかし、最終戦は期待していたレースがされなかった。

開始から2回目に順位を上げたミック・シューマッハだったが、ターン4でロックさせてタイヤにフラットスポットを作ってしまう。 そのため、予期せぬ停留所が必要であり、20番目のコースに復帰。 波ステストラップを記録したが、18位のレースを終えた。 それでもライバル熱子供スロットが10位で終えこと首位を守った。

「目標は、最後のレースに勝つだったので、パフォーマンスには少しがっかりした」とミックシューマッハは認める。

「グリップを過大評価していた。さらにグリップが考えロックさせてしまった。その後、カルムの前にとどまる可能な限りそれらをゆっくりと背後にあるすべての人々を密集させうとしたが、その後もロックを継続し、最終的にピットに入るのが最も安全し、最高の決定だった」

「それでも私たちは一年中1レースほど悪いレースがあってもいいことをしてきた。今日は、決して容易なことではなかった。本当に風が強い突風が砂のようでしたが、重要なのは、私たちが今ここにいるのだ」
第四F2チャンピオンになったミックシューマッハは履歴書にタイトルを刻んでF1に昇格を果たす。 先週ハースF1ミック・シューマッハと複数年契約を結び、2021年のドライバーとして起用すると発表した。

「チャンピオンシップタイトルで書いた履歴書をF1に搬入することは良いことだ」とミックシューマッハは続けた。

「欧州F3で1個獲得おりており、今ではF2も一つある。競争のトップチャンピオンシップの一つだ」

「F3でダニエルティックツム、今フェラーリドライバーアカデミーでよく知ってF2の熱子供ロトテトラは素晴らしい競争相手に勝つことは大きな挑戦であった。競争が激化すればするほどドライバに成長する.F1もすべて達成し考えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース / F2

READ  村元、高橋組が満点デビュー "今あることを誇示" - フィギュア:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close