ミニハイエース? トヨタのモジュラーKayoibako電気バンコンセプトは、ビジネスの楽しみに変身します。

Estimated read time 1 min read

トヨタは、今年の日本のモビリティショー(2023年10月19日~11月5日)で、都市サイズの厚い車両が日本の巨大スタンドに座る前に、カヨイバコと呼ばれるモジュラーEVバンコンセプトのイメージと高レベルの詳細を公​​開しました。 。

モビリティ「基本装置」として位置づけられている海洋子は、生産施設間で部品や製品を輸送するように設計された構成可能な出荷コンテナから名前を取った。 「廃棄物を除去できる大きさ」で、「変更可能なインサート」で構成可能です。

長さが4.0m未満、幅が1.8mに近く、高さが1.85mに達するこの小型排ガス排出装置は、必要な用途に応じてパワートレインと内部レイアウトを変更することができ、安価で柔軟に設計されています。 文脈上、これらの寸法のため、海洋子は海外で販売されているKia Rayよりも大きいが、Peugeot e-PartnerやRenault Kangoo E-Techなどの国内電気商業製品よりも小さい。

トヨタは、ボックス型のレゴなどのデバイスに、コミュニティで小売可能な製品陳列台を取り付けることができ、シャトルバスとして機能する追加の座席を取り付けたり、「ラストマイル」物流のためのスマート流通システムに接続することができますあると言いました。

また、多列座席と車椅子のアクセスが可能な個人用にカスタマイズできます。

トヨタはまた、日本のモビリティショーで電気2ドアスポーツカーであるFT-Se、電気SUVであるFT-3e、さらにはセグメントをリードするHiAceの電気バージョンも披露する予定です。

READ  日本岸田、内閣と当職を改編して権力強化
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours