エンターテインメント

ミャンマー、偽のニュース流布した日本の記者の起訴

バンコク – ミャンマーで民主化デモを取材して拘禁された日本映像記者が虚偽または警告ニュース流布禁止法に違反した容疑で起訴されたと東南アジア国家軍事政府が木曜日発表した。

東京を拠点とするドキュメンタリー監督の久保田朱は、土曜日のデモシーンを撮影した私服警察によって逮捕されました。

彼は昨年軍部が執権したアウンサン恥夫政府で逮捕された約140人のジャーナリストの中で最も最近出た人物だ。 半分以上が公開されましたが、メディアは依然として厳しい制限を受けています。

軍情報局のTatmadaw True News Information Teamは、声明でKubotaが公務員に対する恐怖の誘発、虚偽のニュースの流布、扇動などの扇動の疑いで起訴されたと明らかにした。 最大3年の懲役刑を受けます。 ミャンマーに収監されたほとんどのジャーナリストは、同じ法律で起訴されました。

クボタはまた、ビザ規制違反の疑いで起訴された。 声明は、Kubotaが観光ビザとして7月1日にタイでヤンゴンに到着したと述べた。

久保田はミャンマーに拘禁された5番目の外国ジャーナリストで、現地メディアで勤務した米国市民のネイソン・マウンとダニー・ペンスター、ポーランドのロバート・ボシアが、日本の北和雪に続いて5番目だ。 彼らはすべて最終的に追放されました。

軍の買収は、致命的な武力で鎮圧された広範な平和的抗議によって反対した。 反対は、都市や村で平和なフラッシュデモと田舎で武装抵抗に続く。

政治犯支援協会の詳細な集計によると、軍部が執権した後、少なくとも2,148人の民間人が保安軍によって殺害され、14,970人が逮捕された。

軍の声明によると、クボタは10~15人のデモ隊の写真とビデオを撮影しながらヤンゴンのサウスダゴンタウンで拘禁された。 彼は警察に前日デモ参加者と連絡して撮影を準備したと自白した。

声明は、彼がどこに拘禁されているかについて言及していません。 デモ主催者らによると、土曜日の行進で2人のデモ隊も逮捕されたが、これに対して軍当局は何の言及もしなかった。

木原清二官房長官は20日、ヤンゴンでデモを行っていた20代の日本男性が逮捕されたと明らかにした。

日本のグボタの友人は水曜日に彼の即時の釈放を求め、彼の釈放を求めるオンライン請願は41,000人以上の署名を受けました。

東京の慶應義塾大学を卒業し、ロンドン芸術大学で修士号を取得した久保田(26歳)はYahoo! News Japan、Vice Japan、Al Jazeera English.

彼の仕事は、迫害されたミャンマーのロヒンヤ族イスラム教徒の少数民族の問題を含む、人種的紛争、移民、難民問題に焦点を当てています。

READ  「パチンコ」が関東大震災を再現した方法

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close