ミャンマーで拘禁された日本企業役員の起訴

1 min read





2024年7月1日に撮影されたこのファイルの写真は、ヤンゴンのAeon Orangeスーパーマーケットを示しています。 (刑務所通信)

ヤンゴン(刑務所) – 司法消息筋によると、ミャンマーの現地スーパーマーケット合弁事業の日本人役員が米価格規定に違反した容疑で最近拘禁された後、木曜日に起訴されました。

イオンオレンジ(Aeon Orange)の商品部門社長である広市笠松(53歳)は、6月30日からヤンゴンのある警察署で尋問を受けている。

日本政府は2021年2月にクーデターとして民間指導部を追い出した後、ミャンマーを統治してきた軍部政権にできるだけ早く彼を釈放するよう促してきました。

一郎丸山日本大使は今月初めに笠松への領事アクセスを許可され、笠松が健康であることを確認しました。

このスーパーマーケットは、2016年に日本の大手ディストリビューターであるAeon Co.と現地パートナーであるCreation Myanmar Group of Companies Ltd.が共同設立した合弁会社です。

笠松とミャンマー国民10人は公式価格より50~70%高い価格で米を販売した容疑で拘禁されました。

READ  米国、日本、オーストラリア、イギリス、スペインのスイス関連共同声明、ブルードットネットワーク運営委員会に参加
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours