トップニュース

ミャンマーの政治犯尋問尋問日本ジャーナリスト

金曜日に日本に帰国する前に、ミャンマーの刑務所で、ほぼ4週間を過ごした日本のフリーランスの記者は、彼が収監された刑務所に過酷な尋問を受けた多くの政治犯が収監されたと述べた。

Yuki Kitazumiは、土曜日の夜、東京郊外のホテルでは、オンラインのインタビューを通じて、日本では、政府が統治していたミャンマーの民主化を支援するために努力すると言いました。 刑務所に収監された人々は、彼に何が起こっているかどうか見てくれ懇願した付け加えました。 東南アジア諸国。

2021年5月15日、その他のズミゆきが千葉県成田のホテルでは、オンラインのインタビューをします。 (教徒)

45歳の彼は4月18日政権が政権を握ったミャンマーに関する「偽ニュース」をまき散らし疑いで逮捕され、多くの政治犯を収容したことで知られる、ミャンマー最大の都市ヤンゴンの悪名高いインセイン刑務所に収監された。

その他ズ押す刑務所で政治犯が目隠しをしたまま殴り足になるか、ほとんど致命的な拷問を受けたと語った。 彼らはまた、数日間食事が拒否されたと述べた。

キーズ押す引き続き政治犯が2月にクーデターで自国の民間政府を追い出した後、自国で起こっていることをより広い世界にアリと懇願したKitazumiは言いました。

ミャンマーの状況を監視する権利団体である政治犯支援協会によると、軍は現在、約4,000人を拘禁している。

その他ズ押す拘禁中7-8回尋問を受けた。 「私は暴力にあわなかったにもかかわらず、私は言ったことを覚えていなかった声明に署名を拒否してみましょう審問官が机を強く叩いた」と彼は言った。 「それは怖かった。」

刑務所にいる間前Nikkeiビジネス日間記者は、ペンを使用することができなかったので、インスタントコーヒーの粉で「インク」を作って入れた羽に適用して一枚の紙に記録したKitazumiた。

釈放が迫っているという事実を知ったキーズ美彼を知った仲間政治犯はお互いを抱き締め、その嘆願を履行することを約束したと述べた。

インタビューでKitazumiは彼の釈放のために働いた人々にもう一度感謝しています。

彼は、ミャンマー問題が、可能な限り多くの人々の関心を引くことを希望し、日本でミャンマーを報道すると述べた。

ミャンマーの間記者は半クーデターデモを取材して軍隊に批判的なものとみなされるソーシャルメディアの情報を掲載しました。

木曜日の夜、国営TVは、政府が「現在までのミャンマーと日本の温かい関係を考慮して、将来の両者の関係を考慮して、日本政府のミャンマー国営特使の要求に応じて他のズミを釈放することを決定したと報道した。 和解」

その他ズ押す釈放された日の金曜日ヤンゴンから飛行機に乗って、その夜、東京の近く成田空港に到着した。 彼は近くのホテルで隔離中です。


関連報道:

ミャンマー拘禁された日本のジャーナリスト帰国

樹脂、5月24日出廷:弁護士

ミャンマー爆弾攻撃で追放されたNLD議員を含む5人が死亡:メディア



READ  日本の楽しさを感じることができる温泉たまご料理

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close