経済

ミャンマーの日本企業の従業員は、経済制裁を好む

新しい調査によると、ミャンマーの日本企業のほとんどの従業員は、日本が3ヶ月前に強制的に日本を占領した軍事主導政府に対してどのような形の経済制裁を課すことを望んでいる。

ミャンマーでの事業を運営する日本人が実施したオンラインアンケート調査の結果、145人の回答者のうち95.2%がそのような制裁を好むのに対し、89.7%は日本の公式開発支援(ODA)を停止に同意することがわかった。

回答者の97.9%は、民主主義に向けた10年の遅い進展終わりに軍政再開に不満を表するために退社した様々な分野のストライキ労働者のいわゆる「市民的不服従運動」を支持した。

日本政府は、経済制裁に慎重を期してきました。 2月1日のクーデター以降、新しいODAが実施されなかったが、それ以前に開始された援助事業は、まだ進行中です。

調査回答者のほとんどは、40歳未満のであり、約80%が女性であった。

ODAの停止を希望する理由は、「日本の支援が予想される受益者に到達しそうにない」と「資金が軍営企業に流入すること」だった。

日本政府の期待にほとんどの回答者は、権力から追い出されたナショナルリーグ(National League for Democracy)のメンバーで構成されたグループであるPyidaungsu Hluttawを代表する委員会と公式対話を開始しようとしました。

ミャンマーの日本企業に関連する日本人を対象に同様の調査が実施されました。

135人の回答者のうち86.7%は、日本が経済制裁を加えなければならないということに同意しており、57.8%は、政府と引き続き対話しなければならないと考えた。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  Apple、Tesla実績の焦点を当て株式先物混合

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close