スポーツ

ミャンマーゴールキーパー、日本の亡命許可:プレス、スポーツニュース

日本が東京の外の試合でクーデターに反対する敬礼をして帰国を拒否した、ミャンマー代表のサッカー選手に亡命を許可すると、金曜日の報道が出た。

交換ゴールキーパーPyae Lyan Aungは5月に日本とのワールドカップ予選国が演奏されるときに三本の指敬礼を上げた。

その後、彼はミャンマーに戻ると、自分の命が「危険」するため、日本で亡命を申請することを決めたと言いました。

現地監視グループによると、東南アジア諸国は流血鎮圧で900人以上が死亡して7000人以上が逮捕される2月の軍部のクーデター後、混乱に陥りました。

また、読む| 連絡不能:北朝鮮国営TVは閉幕式の数日後、東京オリンピックを中継します。

三本指敬礼はデモの間にデモ隊が抵抗の表示でよく使用されました。

日本のいくつかの主要メディアは、匿名の消息筋を引用し、政府が選手に難民の地位を付与することを決定したと伝えた。

サッカー選手の弁護士は、AFPに亡命申請の結果について知らず、彼の顧客が8月20日、大阪入国管理局に報告される予定だと付け加えた。

公営放送NHKは、日本移民局は、次の週に選手の難民の地位を認定する計画だと伝えた。 エージェンシーはコメントのためにすぐに連絡することができなかった。

日本は毎年数十件の亡命申請を受け付けています。

しかし、5月、法務部は、既にミャンマー滞在中、ミャンマーの人々が緊急措置として滞在を延長することができると明らかにした。

また、5月には、政府がクーデターに反対した、全世界の外交従業員を解雇し、東京駐在、ミャンマー大使館の両方の管理が解雇されました。

大使館は日本外務省に二人の外交ビザが有効でないと明らかにしたが、彼らのビザをキャンセルするための措置は取らなかったと外交部の管理が金曜日AFPに語った。

READ  レッド話題の投手ブランドン・ディクソン、2021年の東京オリンピックのために日本に帰国

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close