トップニュース

ミャンマーサッカー選手が火曜日に日本で難民の地位を申請します。

ミャンマーサッカー代表GKが最近、東京で開かれたワールドカップ予選で、自国の軍事クーデターで抗議し三本の指敬礼をしたことについて、自分の人生のために恐れを表明した後、火曜日、日本の難民の地位を申請すると、彼の弁護士が伝えた。

先週のチームメイトと一緒に帰国を拒否したPyae Lyan Aungは、国連の世界難民の日の日曜日大阪入国管理局に申請書を提出すると、弁護士は言った。

Pyae Lyan Aung(C)は、2021年6月17日に大阪での記者会見に出席します。 (教徒)

計画が公開される前に、27歳のサッカー選手は、大阪府池田にある仏教寺院を訪問し、故国の平和を祈願しました。

彼は記者に「故郷の記憶を思い出させて、涙を流した。家族に会いたい」と語った。 「できるだけ早く平和が成り立って祈りました。 “

「私は日本人たちが、できるだけ多くの弾圧から逃れたい、ミャンマー人を助けたい」と語った。

5月下旬、千葉で開かれた日本とミャンマーの試合で、彼は、ミャンマーの国が演奏される間、英語で「WE NEED JUSTICE」と書かれた右手三本の指を聞いた。

彼は水曜日の夜西部県関西空港の出入国当局に日本に滞在してたいと語った。

上川陽子司法長官は、日本が、特定の事件についての発言を自制しながら、「(自国の)状況の変化に照らして、ミャンマー国民を適切に処理する」と金曜日発表した。

法務部は、日本に滞在したい、ミャンマーの人々が緊急措置として滞在を延長できるようにすると発表した。 この法案は、日本で難民の地位を追求する、ミャンマー人も含まれています。

日本は他の先進国に比べて非常に少ない数の難民を受け入れることが知られているがPyae Lyan Aungの支持者は、日本当局が彼に地位を付与するという確信を表明しました。

土曜日76歳になった民間の指導者アウンサン・スーチー率いる民主的に選出された政府を追放した、ミャンマーの2月の軍事クーデター以来、彼女と他の著名な政治家が拘禁され、数百人の民間人が治安部隊によって殺害された。

ミャンマーの政治犯を追跡する人権団体である政治犯支援協会によると、土曜日、現在クーデター以降、軍事政権によって870人が死亡、5000人が拘禁された。

日本で亡命を求めている、ミャンマーサッカーのゴールキーパーピャリャンアウンが2021年6月20日、大阪府池田にある仏教寺院で故国の平和を願っています。 (教徒)


関連報道:

日本の亡命申請抗議挨拶をかけ、ミャンマーサッカーゴールキーパー


READ  日本の日経、アメリカプレゼント低迷で1ヶ月の最低記録

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close