エンターテインメント

ミャンマー警察、ちょっと拘禁された日本のジャーナリストの釈放

東京:ミャンマー警察はヤンゴンの商業首都でデモの間に彼を待って拘束した後、金曜日(2月26日)日本のフリーランスの記者を釈放した。 ラジオフリーアジアは、Facebookの生中継を介して公開した。

市内でメディア制作会社を運営して日経ビジネスデイリー記者として働いてい他のズミゆきの逮捕は2月1日の軍事クーデター以来、初めての外国人記者を拘束した事件である。

「すべての友人に感謝します。大丈夫です。安全」とKitazumiは都市のSanchaung地域の警察署を出た後言いました。

先に日本は40代、国民の一人ヤンゴンのミャンマーのセキュリティ警察に詳細を明らかにせず拘禁されたと発表した。

ミャンマー警察はコメントを求める電話をすぐに返信していない。

ミャンマーは軍隊が選出された指導者アウンサン樹脂から権力を掌握して、彼女と彼女の政府のほとんどを拘束した後、数週間の間にデモに巻き込まれた。

読む:ミャンマーの治安部隊、反クーデターデモ隊の解散

キーズ押すクーデター以降拘禁されたことが知られ第二の外国人がいる。 経済改革に関するオーストラリアの学者ントネル(Sean Turnell)が2月6日に逮捕された。

2007年、ミャンマーのデモを取材したもう一つの日本のジャーナリスト長井健司(Kenji Nagai)が僧侶が率いるサフラン革命デモで軍隊がデモ隊を撃ちながら銃で撃たれ死亡した。

声上げる

Kitazumiの会社はニュースで映画の予告編に至るまでのビデオコンテンツを制作してジャーナリストを言論の自由に重点を置いた教育というウェブサイトに掲載されました。

彼のミャンマーの仲間であるLinn Nyan HtunはReuters Kitazumiが主な日本のマスコミに政治やビジネスニュースを寄稿と言いました。

「デモに参加する若者たちの話を聞くとき、彼らは “はい、怖い。しかし、我々は恐れと声を高めなければ、私たちは恐怖の中で生きなければなります。一生です。」KitazumiはFacebookの最近の投稿で述べ。

読む:ミャンマーの公務員ストライキが水気を開始します

Kitazumiは海外で働く日本のジャーナリスト、通訳として構成されたKaigai Kakibito Clubのメンバーです。

去る7月クラブのブログは、他のズ美のインタビューを通じて、ミャンマーの伝統的な朝食の料理の某ヒンガのボウルと呼ばれる短編コメディ映画を演出した。

その他ズ押すミャンマーで映画に出演したりもしたブログは彼の演技の写真を上げた。

彼のブログにアウンサンスーチーて(Aung San Suu Kyi)の民主主義のためのナショナルリーグの政党が圧倒的に勝利した2015年の総選挙を取材するためにミャンマーに移ったと発表した。

その他ズ押す2001年から記者として働いた後、2012年に日経を離れた新聞の関係者は語った。

その他ズ押すフェイスブックにした女性の逮捕映像を公開し、「このようなことが起きて、このようなことが彼らに起こることがあるという恐怖の中で、人々が声を高めている」と述べた。

「彼らはこのようなことが二度と起こらないように、今日戦っている平和の未来を購入することができます。 “

READ  TBS「笑いの日」音ネタ企画広瀬香美&どぶろく、ナオミ・岩井、CreepyNuts&ラップ好き芸能人など豪華コラボ| ORICON NEWS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close