トップニュース

ミャンマー軍が4月に日本の外交官の家に強制進入

ミャンマーの治安部隊が今年4月、ミャンマー最大の都市ヤンゴンにある日本外交と救援要員の家に強制的に侵入したと、日本政府筋が日曜日明らかにした。

治安部隊は、軍隊に反対する民主化勢力の前提を調査しようとしましたが、占有者が日本人であるという事実を知ることになると撤退したと消息筋は伝えた。 居住者は、被害を受けていない。

2021年2月10日、ミャンマーヤンゴンの日本大使館の近くでは、人々は、2月1日のクーデターを起こした後、アウンサン・スーチーと他の政府指導者を拘束した軍隊に抗議する。 (教徒)==教徒

ヤンゴンの日本大使館は外交官を逮捕又は拘禁から保護し、ミッションの建物の不可侵を規定する外交関係に関するウィーン条約違反を理由ミャンマー当局に抗議しました。

消息筋によると、その後に同様の事件が発生していない。

消息筋は、4月17日の夜、多くの外国人が住んでいる住宅団地に治安部隊が強制的に入った。

武装した人員は、日本の外交部隊の入り口に入った。 日本の国際協力団のメンバーの場合、強制的にリビングルームに入った。

この事件は、多くの民主化活動家が拘禁されたときに発生しました。 4月18日ヤンゴンに居住する日本フリーランスの記者ゆきキーズ米市で逮捕されました。 その他ズ押す多くの政治犯が収監された刑務所から解放された後、日本に戻ってきました。

軍が2月クーデターで政権を掌握して以来、選出された指導者Aung San Suu Kyi政府を追い出しして以降、ミャンマーで死亡と受刑者を追跡する権利団体である政治犯支援協会によると、ミャンマーで軍事取り締まりに890人が死亡しました。 東南アジア諸国。


関連報道:

日本、亡命の申請、ミャンマーサッカー選手6ヶ月の滞在許可

ミャンマー軍と連携したJV前日本長官が率いる企業

日本、クーデターで、ミャンマーの居住者の継続滞在許可


READ  ソニー、PS5で目標株価1万円回復の条件 - 朝鮮日報

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close