ミレニアル世代、個人ジェット機で日本にペット犬と一緒に旅行するのに3万8千ドル支出

1 min read

グラディス・チェイ(Gladys Tsoi)は去る4月、プライベートジェットにトイプードル・ハッシュ(Hershey)を連れて日本に行った。
グラディスチョイ

  • 香港投資銀行家グラディス崔(29)は今年2回、自身が養子縁組したトイプードルを日本に連れて行った。
  • 2回目の旅行では、彼女は彼女のペットと一緒にプライベートジェットに乗るために38,000ドルを書いた。
  • 彼女はすぐに他の2匹の犬と一緒に別の旅行を計画することを望んでいます。

今回のエッセイは、香港に住む29歳の犬の所有者であり、投資銀行家であるGladys Tsoiとの会話に基づいて作成されました。 このエッセイは長さと明確さのために編集されました。 Business InsiderでTsoiの領収書を確認しました。

4月に私は私のトイプードルハーシュを日本で豪華な休暇に連れて行きました。 私たちはプライベートジェットで一緒にそこを旅しました。

4ヶ月で2回目で一緒に日本を旅しました。 香港の私たちの本拠地から出発した最初のフライトは商業便であり、費用は10,100ドルでした。 2番目の旅行は38,000ドルでかなり高価です。 膨大な費用にもかかわらず、毛皮の友人にお金を費やすことについて後悔はありません。

投資銀行で正社員として働きながら数年間貯められたおかげで、休暇にこんなにたくさんのお金を快適に使うことができるようになりました。 また ペットインフルエンサーのInstagramアカウントパートナーシップとブランドのコラボレーションに対する対価として時折お金を受け取ります。

ハッシュが日本への最初の旅に出る前に香港国際空港にある様子。
グラディスチョイ

私はHersheyにより良い人生を与えたかった。

2021年、虐待的な飼育士に虐待を受け、新しい家が必要なトイプードルに関するFacebookの投稿を発見しました。 私は彼女がより良い人生を生きたいと思ったので、テスト採用を始めました。 一週間後、私たちはこれを定式化し、放置された過去の愛と冒険でいっぱいの人生へのハーシーの旅の始まりを発表しました。

当時、ハーシュは2歳半で、私にはもう2匹の犬、つまり9歳のたわごとのマイロと1歳のラブラドゥーのマリブがいました。

私は29歳で、長年にわたって犬と一緒に海外旅行を去るという夢を見てきました。 私は今年それをすることにしました。

私の家族と私は3匹の犬の中からHersheyを選びました。 彼女の優れた気質のためです。 私は彼女が飛行機の乗り心地に耐え、新しい環境に適応すると確信していました。

このような旅行を計画するには、信頼できるペット旅行会社を確保し、輸出入書類を管理することから数回の獣医師検診と日本の厳しいペット医療基準を満たすための追加予防接種まで約1年かかりました。 ペットフレンドリーな座席と宿泊施設のフライトを確保することはストレスに加えられました。 しかし結局はそれほど価値がありました。

日本では犬が地下鉄に乗ることができます。
グラディスチョイ

私はペットフレンドリーな文化のために日本を選びました。 ペットが出入りできる宿泊施設、食事オプション、公園を見つけるのは簡単でした。 ペットがキャリアに乗っている場合は、公共交通機関を利用できます。

そして私は日本のペット製品が大好きですが、その旅行先は私にとって理想的な場所でした。

ハーシュの最初の海外旅行は2024年1月だった。

ハッシュは日本初の旅行で友達と一緒にペットフレンドリーな鉄板焼きを経験しました。
グラディスチョイ

日本への最初の旅行には他の2人のプードルの友達が含まれ、2024年4月の2回目の旅行は両親と兄弟との家族旅行でした。

1つ目は1,200マイル以上を走る壮大な自動車旅行で、7県を経て東京、富士山、白馬、大阪、京都、奈良、伊豆に立ち寄る旅行でした。

私たちは大韓航空に乗って東京に行き、ソウルから乗り継ぎ、日本航空カーゴに戻りました。 これには、ペットの座席の確保、Hersheyの書類、検診などの多くの飛行手順が含まれています。

私たちは東京に滞在しながらペットフレンドリーな都市の恩恵を受けました。 私たちは イヌモシバコエンホテルペットのサプリメントを含むカプセルマシン、無料のプロペットの写真撮影セッション、無料のペットの美容、高級ペットの食事メニューなどのアメニティがあります。 東京タワーや渋谷交差点などの象徴的なランドマークを探索しました。

ペットフレンドリーなレストランがたくさんあり、その中にはオーダーメイドの鉄板焼き料理を提供する場所もありました。 そこではみんながグリルで肉を準備する姿を見守ることができました。

富士山の前でグラディスチェと彼女のおもちゃプードル。
グラディスチョイ

私たちは富士山の下でグランピングをし、ハーシュは白馬で初雪体験をしました。 京都では、伝統的な写真撮影で旅を永遠に思い出しました。 ハーシュと私はマッチングした着物を着ていました。 国では、ハーシュはフレンドリーな日本の鹿と似合いました。 大阪で私たちはペットフレンドリーなお店を歩き回り、伊豆で私たちは大室山周辺をハイキングしました。

2回目の旅行では、往復プライベートジェットを選択しました。

日本に行くプライベートジェットに乗ったハーシュ。
グラディスチョイ

4月にあった2回目の旅行は8日間行われ、10県を巡りました。 私たちは日本南西部の島である九州に集中しました。

福岡、大分、由布院、熊本、別府、長崎、柳川、佐世保、糸島を旅しました。 私たちの主な目標は、日本の春の花のシーズンを目撃することでした。 プライベートジェットを選択すると、ペット旅行代理店がすべての飛行準備をスムーズに処理できるため、最初の旅行と比較してこの旅行が簡単になりました。 ハーシュと私はプライベートジェットに乗り、残りの家族は別々に飛行機に乗った。

私たちは福岡田舎の魅力を楽しんだ。 地元の写真家は桜の中で家族の瞬間を捉え、Hersheyはペットフレンドリーな花公園を探検しました。

チェは彼女のペットと一緒にいる瞬間を捉えるために旅行中に写真家を雇いました。
グラディスチョイ

大分と由布院では阿蘇山のグランピングが静かなリゾート地を提供し、ハーシュは由布院の花の町や柳川の川などの地元の観光スポットを楽しんだ。 佐世保はチューリップ農場のあるヨーロッパの雰囲気を提供し、熊本ではイチゴ狩りをして動物園を訪れました。

日本にはペットフレンドリーな宿泊施設がたくさんあります。
グラディスチョイ

熊本では、地元の家族が運営する個人別荘に泊まりました。 愛犬ジム、愛犬専門美容室、愛犬公園、専用温泉などを備えていました。

翌日、別府の天然温泉を楽しみ、長崎のホテル南浦に泊まりました。 ホテルにはペットフレンドリーな3コースの食事メニューがありました。

次はおそらく子犬一匹を連れて行くと思います。

ハーシュは新鮮なアイスクリームと一緒にイチゴシーズンを楽しんだ。
グラディスチョイ

どちらの旅行にも大きな価格表が付いており、特に2番目の旅行は、プライベートジェットを選択したときにさらにそうでした。 ホテルの費用は約5,000ドルでした。 今考えてみると、すべてのセントがよく使われたわけです。

一部の人々は私の贅沢が過度であると思うかもしれませんが、ハーシュの顔から純粋な喜びを目撃することは私の人生の意味と目的を与えます。

次回の旅行には、マイロやマリブのような大きなペットの一人を連れて行くか悩んでいます。

共有したい豪華な海外旅行の個人的なエッセイはありますか? 編集者に連絡してください。 アカルプラス@ビジネスインサイダードットコム

READ  DriveWealth、製品、エンジニアリングリーダーの設置
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours