ミーム怒りの8ヶ月後に日本で「オッペンハイマー」を公開

Estimated read time 1 min read

核爆弾の創造者に関する叙事詩がオスカー授賞式で13部門候補に上がった後、日本の観客が3月29日から映画館で映画「オッペンハイマー」を観覧できるようになったと配給会社ヴィーターズエンドが水曜日明らかにした。

公開日は映画「バービー」の映像と原子爆弾を混ぜたミームが戦争中に核爆弾を迎えた唯一の国家である日本人の怒りを呼び起こしてから約8ヶ月後です。

「バーベンハイマー」ミームへの怒りは、バービーディストリビューターのワーナーブラザーズジャパン(Warner Brothers Japan)でリンゴを引き起こしました。

ビターズ・エンドの広報担当者は、開封日についての言及を拒否し、「オッペンハイマー」が日本で上映されるのになぜ半年以上かかるのかについて言及しなかった。

ヴィーターズ・エンドは昨年12月の現地メディアによると、「この映画で扱うテーマは日本人として私たちにとって非常に重要で特別な意味を持つテーマだから、私たちは多くの議論と熟考の末にこの映画を日本で公開することにした」と言った。 オッペンハイマーが2024年ごろ日本で公開されると言った時。

米国は第二次世界大戦中の1945年8月6日、広島に核爆弾を投下して数千人を即死させ、その年末までに約14万人が死亡しました。 米国は3日後、長崎に別の爆弾を投下して7万3000人以上の命を奪った。 日本は8月15日降伏した。

READ  日本監督森康、2022年ワールドカップ選手に高い基準を提示
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours