ムーンショット:歴史的な月の着陸を試みる日本の会社

1 min read

日本のある宇宙スタートアップが火曜日に月に着陸船を着陸させる最初の民間企業になることを試みます。

すべてが計画通りに進むと、ispaceのHakuto-R Mission 1着陸船は約1540 GMTに月面に向かって下降を開始します。

月から約100kmの上空で軌道を遅くし、速度と高度を調整して約1時間後に「連着陸」します。

また読む:中国は2025年頃に地球近くの小惑星に探査船を送る予定です

成功は保証されません。 2019年4月、イスラエルの組織SpaceILは、着陸船が月面に衝突することを目撃しました。

ispaceは3つの代替着陸ポイントを発表し、条件に応じて旧暦降下日を4月26日、5月1日、または5月3日に変更できます。

博多武士アイスペース(ispace)の創設者兼最高経営者(CEO)は、「私たちがこれまでに達成したことはすでにすごい成果であり、今回の飛行で学んだ教訓を未来の任務にすでに適用している」と述べた。

「舞台が準備されました。商業月探査の新しい時代が始まるこの歴史的な日を目撃するのを楽しみにしています。」

高さ2m、重さ340kgのこの着陸船は先月から月軌道に進入しました。

それは数回の遅れの後、SpaceXのFalcon 9ロケットの1つから12月に地球から発射されました。

これまで、米国、ロシア、中国だけが政府が後援するプログラムを通じて、月面にロボットを配置しました。

しかし、日本と米国は昨年10年末までに日本宇宙飛行を月に送る計画に協力すると発表しました。

着陸船には、日本宇宙局がおもちゃメーカーの高富と共同開発した8cmに過ぎないミニチュア日本モデルを含め、数ヶ月探査船が載っている。

さらに読む:小さな銀河の発見は、Webb望遠鏡の「驚くべき」力を示しています。

このミッションはまた、アラブ首長国連邦のラシッド探査機が国家拡張宇宙プログラムの一環として着陸船に搭乗したアラブ首長国連邦によって注意深く監視されています。

湾岸諸国は宇宙競争の新参者ですが、2021年に火星軌道に探査船を送りました。 ローバーが正常に着陸すると、アラブ世界初の月任務になります。

白鳥は日本語で「白いウサギ」を意味し、白いウサギが月に住んでいるという日本の民俗を参照しています。

このプロジェクトは、2018年の締め切り前に月に探査機を上陸させるためのGoogleのLunar X Prizeの競争で5つのファイナリストのうちの1人であり、勝者なしで合格しました。

従業員が200人に過ぎないアイスペースは「月に行く頻度の高い低コスト輸送サービスを提供することで、人間の生活の領域を宇宙に拡張し、持続可能な世界を作ることを目指す」と明らかにした。

博多はこの任務が「月の潜在力を発揮し、これを強力で活気のある経済システムに転換するための基盤」を設けることだと宣伝しました。

同社は、月が2040年までに1,000人の人口を支援し、毎年10,000人がさらに訪問すると信じています。

それは月の着陸と独自のローバーの配置を含む2番目の使命を来年に暫定的に計画しています。

READ  列車を防ぐ巨大なヤスデの群れの謎が解決されました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours