理科

メガネで新型コロナ感染を抑制! ? 中国のコホート研究:yomiDr./詠ドクター(読売新聞)

新型コロナウイルス感染(COVID-19)、世界に拡大する過程で水しぶき・接触感染のほか、目の粘膜を介して感染経路が指摘されている。 中国では近視の割合が高く、眼鏡の着用は一般的ですが、昨年(2019年)12月に武漢でCOVID-19は、後にも眼鏡を着用したCOVID-19入院患者はほとんどないという。 同国Second Affiliated Hospital of Nanchang UniversityのYiping Wei教授はめがねとCOVID-19の関連性をコホート研究で検討した。 一般人口に比べて眼鏡を着用した人は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染に対する感受性が低いことができるという結果をJAMA Ophthalmol( 2020年9月16日オンライン版 )報告された。

兵力聴取時めがね関連を詳細に聞く


※写真はイメージです

最近の報告によると、中国での近視の有病率は、人口の80%以上に達し、眼鏡は幅広い年齢層で着用しているという。 それにもかかわらず、昨年12月に武漢市でCOVID-19が流行した後、眼鏡を着用したCOVID-19入院患者はほとんどないという。

だからWei教授はCOVID-19入院患者の病歴のいずれかめがねを確認してめがねとCOVID-19の関連性を検討した。

対象は、今年1月27日〜3月13日にSuizhou Zengdu HospitalからCOVID-19治療を受けた全入院患者276人[남자 56.2 %, 연령 중앙값 51 세 (범위 41 ~ 58 세) ]。

COVID-19の治療に際して、医師は病歴を聴取する中視力眼鏡を着用する理由、1日着用時間、コンタクトレンズ併用と屈折矯正手術(レーシック)の有無などを聴取した。 また、毎日8時間以上の眼鏡を着用した人を、長時間の着用者と定義は、人間との接触時には、眼鏡を着用していたと考えられた。

一般的な人口の近視の有病率で国の国家機関と保健省が実施した7〜22歳の学生を対象に、身体と健康状態の1985年の調査資料を利用して、記述統計によって研究サンプルの特性化した。

近視の割合5.8%vs. 31.5%

COVID-19患者のほとんどが軽症と診断された重症は5.1%であった。 主な症状は、発熱(82.2%)、咳(79.0%)、疲労(51.1%)で基礎疾患のある患者(31.9%)のうち、高血圧が最も多かった(17 2.0%)。 全体10.9%が近視や老眼に基づいて眼鏡を着用してコンタクトレンズの併用例と屈折矯正手術例はなかった。 長時間めがね16人すべての患者が近視であった(5.8%、年齢中央値33歳)。

1985年の調査資料は、学生の近視(≠メガネ着用者)は、31.5%となった。 すべて今年の時点で42〜57歳に達しており、今回の対象の年齢中央値に近い。

Wei教授は「1985年の一般的な人口に比べて長時間眼鏡を着用したCOVID-19入院患者は、近視の割合が少ない」と指摘した。 今回の結果は、日常的なめがねとSARS-CoV-2感染に対する感受性の低下と関連を示唆すると述べた。 また、「目の粘膜を通じた感染経路に照らして頻繁トイレ、目に接触防止等の予防に力を入れなければならない」だ。

しかし、少数のサンプルを用いた単一施設の研究であり、逆に現在の一般的な人口の近視の有病率がないなどの限界がある。 したがって研究チームは、メガネの着用によるSARS-CoV-2感染に対する感受性の低下の要因について、さらなる研究を実施を要している。 (田上玲子)

READ  「現在の理論では説明できない」と専門家が興奮する宇宙に浮いている正体不明の「ORC」とは? - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close