メタは詐欺広告について日本議会で証言する準備ができています。

Estimated read time 1 min read

技術


東京、5月15日(Jiji Press) – 米国情報技術大企業のMeta Platforms Inc.がソーシャルメディア広告を利用した一連の投資詐欺に続き、日本国会で証言要請を受け入れる計画だと水曜日に知りました。

この計画は、有名人のイメージと名前が登場する詐欺広告を解決するために開かれた自民党実務グループ会議で平井拓也元デジタル長官が公開したものです。

LDPは、Meta会長兼CEOであるMark Zuckerbergに、国会で宣誓​​されていない証言を依頼しました。 平井氏によると、米国の会社はこれについて自分以外の人を送ることもできると述べた。

この日の会議が終わった後、平井首相はメタ関係者を召喚する必要があるかどうかは国会が後で決定すると説明した。 実現すれば、上級関係者が国会に出席するだろうとも述べた。

実務グループは早ければ来週、この問題に対する政府勧告案を設ける予定だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  環境回復力の代意を助ける MITニュース
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours