エンターテインメント

メタバスを中心にアジアメジャー短編映画祭が東京で開かれる。





Short Shorts Film Festival & Asiaの創設者であるTetsuya Besshoが、2022年6月7日に東京渋谷区で開かれた映画祭開幕式に仮想的に登場します。 (刑務所)

TOKYO(Kyodo) – アジア最大の短編映画祭の1つが火曜日に東京で開催され、仮想現実と人工知能を通じて映画を体験する新しい方法を祝い、劇場上映とオンライン上映を組み合わせたハイブリッド形式を維持しました。

2022年を迎え、6月7日から20日までの第24回短編短編映画祭とアジアでは、映画制作に技術の使用を探求する独占オンラインセミナーも提供されます。 。

テーマに合わせて、1999年に映画祭を創設した日本俳優の哲也別所(Tetsuya Bessho)がレーザー照明と霧の華やかなディスプレイの中で開幕式に仮想で登場しました。

Besshoは英語で「空間と既存の視覚的概念を超えた短編映画の世界を皆さんに提出する」と語った。

今年の映画祭では126カ国と地域で5,500以上の出品作のうち200以上を披露する。 ウクライナで3本の映画が競争に選ばれました。

この映画祭は来年アカデミー授賞式でアニメを含めて5本の映画を候補に指名できるアジア唯一の国際短編映画祭だ。

1992年、リオデジャネイロで開かれた国連首脳会談で鈴木三度がした言葉を鮮やかに再現したスイスアニメ『オンリー・チャイルド』をはじめとする4本の短編がラインキューブ渋谷で開かれた開幕式で上映された。

この日のイベントには、ガールズグループAKB48のオリジナルメンバーである前田敦子(Maeda Atsuko)とネットフリックスに出演した男性劇団劇団エクザイル(Gekidan Exile)の青柳ショー(Aoyagi Sho)など日本芸能人も参加した。 ドラマ「ボーダーランドのアリス」。

映画祭の期間中に上映される断片を演出したいくつかの俳優たちが舞台に上がり、各自のプロジェクトについて話を交わした。

渋谷多様性賞を受賞した沖縄出身の中馬高行監督の映画「音のない部屋」を含め、すでに8つの賞が受賞しています。 この賞は、東京の渋谷区で推進された多様性と包容性に関する作品を認めています。

グローバルスポットライト賞は、Tilda Cobham-HerveyとDev Patelが制作した15分の長さのオーストラリアの短編アニメ「Roborovski」に戻りました。

昨年から始まったこの賞は、世界中の観客にインスピレーションを与え、幅広い関心を受けた短編映画に授与されます。

米国シンガーソングライターのテイラー・スウィフト(Taylor Swift)の「All Too Well:短編映画(All Too Well:Short Film)」は、今年の受賞候補に上がった6本の映画の一つだ。

去る4月28日から全世界観客に公開されたオンライン上映は来る6月30日まで続く。

すでにオンラインで上映されている映画の中には、日本AIボット「Furukoto」が書いた26分分の短編「Boy Sprouted」と10歳のTao Okaが監督したスーパーヒーローストーリー「Boy Pays for the Fight」があります。

READ  イスラエルと日本、世界ラクロス女子選手権大会5位決定戦

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close