メトロポリスジャパン

Estimated read time 1 min read

日本でテレビをつけた人なら、世界のどこでも見ることができないほど、ここでは食べ物が会話を支配していることを知っているはずです。 他のすべてのチャンネルには、画面をいっぱいにするおいしい食べ物があるようです。 しかし、この国で食べ物の重要性は、青森りんごを試食するニュースアンカーやスイカヘルメットを書いたコメディアンが食べ物を見つけるよりもはるかに深いです。 とんかつ レストラン。 他の多くの文化と同様に、食べ物は単に消費するのではなく、味わい、話し合い、共有する日本の生活の普遍的な要素です。

たぶん日本の最高の作家や映画製作者の多くが食べ物を作品の一部にした理由もまさにそのためだろう。 日本社会全体にわたる様々な経験を表現するのに、これよりも良い比喩があるのでしょうか?

吉本バナナの小説 キッチン 現代都市日本の孤独と断絶を探るために食べ物を使用しています。 喪失感に苦しんでいるミカゲという若い女性が食事を準備して分ける単純な楽しさで徐々に崩れた生活を再建し始める姿を描いています。 Mikageにとって、キッチンはシンプルな家の部屋以上です。 「死ぬ時は台所で最後の息を休みたいという考えをよくします」と彼女は言います。 「寒くても私一人でいて、誰かがいて暖かくても、私は恐れることなく死を望むでしょう。 キッチンなら「とてもいい」という気がします。」

アベヤロは、彼の漫画にもっとコミュニティー的なアプローチを採用しました。 深夜レストラン新夜食堂)。 物語は、1つのカウンターの周りに集まった様々な顧客(主婦、サラリーマン、ギャングスター、ストリッパー)を引き付ける小さな深夜のレストランで行われ、様々な東京生活の勝利と悲劇を簡単に示しています。 口数が少ないご主人様はただ鍋とフライパンだけでお客様に応対します。 この漫画はまだ英語で提供されていませんが、テレビの脚色(英語字幕を含む)はNetflixで世界的に人気があります。

家族のダイナミズムに焦点を当てた日本の映画は、夕食のテーブルを中心に展開されます。 大津康次郎の 秋の午後 (1962)、未亡人となった第二次世界大戦参戦勇士である彼は、家族ではなく同年代の男性たちと一緒に食べて飲む夕方の時間を過ごします。 彼は娘と息子のために最善を尽くしたいのですが、戦後世代と関係を築くために努力しています。 映画の日本語タイトルは サンマの味は日本の秋を象徴する美味しい針子魚を意味し、伝統と避けられない変化との衝突に対する微妙な頭をうなずきます。 ゴレエダ広和の場合 私の妹 (2015)、結婚生活が破綻した3人の姉妹は、10代以上の妹を養子にすることに決めます。 過去の過ちと恨みが浸透する中で、一緒にひざまずいておにぎりを食べる小さな食卓は、それらを一つに縛ってくれるようだ。 梅酒 (梅酒)おばあちゃんの木の実を使ってお世話になったお酒。

食べ物を共有または取得することは必ずしも簡単ではありません。 ゴレエダの家族 少し泥棒 (2018) 包装された食べ物を盗み、古い家の床から貪欲に食べて生き残ります。 私たちは、彼らがお互いを盗んだ食べ物をただ食べて生きるための手段として考えていることをすぐに知ります。 このような剥奪感の中の不信は恐怖映画にも浸透している。 オニババ (1964)。 激動の日本を背景に 仙石 この時代には、武士たちをピットで誘引した後、殺害し、鎧を盗んで米を売るために老婆と嫁を描いています。 彼らは最終的に盗んだものを購入した男のための嫉妬につながり、お互いを攻撃します。

都市や家庭を越えて、日本映画と小説の中の食べ物は私たちを田舎の遠い場所にもつなげてくれます。 三島幸雄の小説 波の音 一枚全体を小さな島の物語にします。 おそらく、シーフードを集めるために深い場所に飛び込む女性のフリーダイバー。 受賞歴のある漫画シリーズ ゴールデンカムイ (英語で提供)は私たちを20世紀初頭のパイオニアに導きます。 北海道、北海道先住民アイヌ民族の言語と文化、特に狩猟、釣り、ユニークな料理を深く探求します。 夏目漱石の古典小説 ボットちゃん 東京出身の生意気な青年が四国田舎地域として初の教師ミッションを務めた後に従います。 香水瓶にかかった彼は食堂で「東京式」揚げそばを4ボウル連続で吸い込み、翌日出勤して黒板に「揚げ教授」と書かれたことを発見する。

食べ物は日本の映画や小説の創造性とユーモアの無限の源でもあります。 村上春樹さんの短編小説 セカンドベーカリー攻撃 ある夜、武装をしてパン屋を打つために武装した一組の新婚夫婦に従います(再び…)。 パン屋がすべて閉鎖すると、彼らはファーストフード店を打つことに決める。 妻は「これはパン屋さんのようだ」と主張します。 「時には妥協が必要な時もあります」 「麺ウエスタン」 タンポポ (1985) (若き渡辺健を含む)予想外の奇妙なキャラクターによって活気を取り戻した古いラーメン店が特徴です。 そして素敵な子供の絵本 ドスコイすしずも 様々な種類の寿司を集めて一連の激しい相撲試合で対決します(まだ英語では提供されていませんが、作品は驚くほどひらがなを知っていれば読みやすいです)。

のワンシーン タンポポ

おそらく、最終的に日本が食べ物に多くの印刷とスクリーン時間を費やすのは驚くべきことではありません。 日本の映画や小説の最高の作品では、それほど印象的なのは、食べ物を他の多くのものと結びつける方法です。

READ  「このヌーブラ:ドッグクラブ」:多くの支持者と一緒に犬の愛
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours