経済

メルセデスベンツ、4ドアクーペ ‘CLS “いくつかの改良で「MBUX」を標準装備 – Car Watch

4ドアクーペ ‘CLS」

メルセデス・ベンツ日本は、9月28日、4ドアクーペ ‘CLS」の装備を一部改良して発売したと発表した。 価格は842万円〜1343万円。 顧客への配車は、「Mercedes-AMG CLS 53 4MATIC +(ISG搭載モデル)」がこの日から、他のモデルは、2021年1月以降順次予定である。

CLSモデルラインナップは、直列4気筒2.0リッター直噴ディーゼルターボ」CLS 220 dスポーツ」(ステアリング位置:右)、直列6気筒3.0リットル直噴ターボの「CLS 450 4MATICスポーツ(ISG搭載モデル)」(ステアリング位置:左/右)、直列6気筒3.0リットル直噴ターボの「Mercedes-AMG CLS 53 4MATIC +(ISG搭載モデル)」(ステアリング位置:左/右)を用意する。

CLSの一部改良では、対話型インフォテインメントシステム」MBUX」を新たに標準装備として安全運転支援システムを最新のシステムアップデート。ボディカラーに新色「モハーベシルバー」と「ハイテクシルバー」が追加されました。

MBUX(メルセデス・ベンツユーザー体験)を標準装備

標準になって、「MBUX “自然対話型の音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム。 その最大の特徴の一つは、人工知能による学習機能で、特定のユーザーに適応する個別対応能力を備えている。 音声コントロールは「Hi(ハイ)、Mercedes(メルセデス)」をキーワードに開始します。音声認識機能は、多くのインフォテイメント機能(目的地の入力、電話、音楽の選択、メッセージ入力・読み込み、気象情報)のほか、温度調節装置、各種ヒーター、照明など、さまざまな便利な機能にも対応した。

最新世代の安全運転支援システムを搭載

運転支援システムは、「Sクラス」と同等の最新世代のことを標準装備。 さらに改良された機能として採用された「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し/右折時、対向車検出機能を含む)」は、対向車線を横切って右折しようとしたとき、対向車線を直進して来る車と衝突の危険がある場合、一般的な車両速度範囲内であれば、自動ブレーキが作動。対向車の検出は、前面の長距離レーダーセンサーとステレオ多目的カメラを使用して行われます。

また、新たに停車時にドアを開こうとしたときに後方から障害物が迫っている場合は、警告機能を採用。 2km / h以上で後方から歩行者や自転車、自動車などが近くにある場合、ミラーの外側にある警告ライトが赤。 また、搭乗者がドアハンドルに手を出した場合、音と表示で乗務員に警告する。

READ  「Go To旅」「Go To伊藤「どんな制度? | 新型コロナ経済への影響

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close