スポーツ

メルセデスF1レッドブルF1をエンジンに供給してメリットはない」[F1-Gate.com]

メルセデスF1チーム代表を務めるトートヴォルフは2022年からレッドブルのF1エンジンを供給することに反対する理由としてキャリーパティシエ不足とマーケティングの利点の減少を挙げた。

ホンダが2021年のシーズンの最後にF1から撤退すると発表したことで、レッドブルレーシングとアルファ乗っ我々は新しいエンジンサプライヤーを見つける必要がある状況に陥った。

しかし、メルセデスF1トートヴォルフはF1アイフェルGPの週末にレッドブルのF1エンジンを供給する可能性はないと言って残って既存のメーカーは、フェラーリとルノーだけになった。

レッドブル2022年から既存のホンダのF1エンジンプロジェクトを買収することが望ましいオプションプログラムと言っているが、それはエンジン開発凍結に依存している。

トト・ヴォルフは2015年レッドブルルノーとの関係を切断しようとしていたときのようなチームとの協力を受けていたが、メルセデス理事会で議論された結果、最終的にその計画は却下されたと言う。

2016年にどのようにその見解が変化したかと質問したトートボール区今回の契約で、マーケティング上の利点減少しているもので、2021年からマクラーレンに加えた3つの顧客チームに供給してメルセデスのハイパフォーマンスパワートレイン部門の容量をさらに拡大なければならないということを挙げた。

「当時はメルセデスとレッドブルが一緒にマーケティングに従事することができると思った」とトートウルフは言った。

「火非常にクールなブランドであり、彼らしていることは非常に革新的だったので、彼らが提供するプラットフォームに興味を持ったクリスチャン(ホーナー)もどのようにしても両方の囲みアライアンスを見つけることができれば、ダイムラー取締役会レベルで少なくとも適切な検討をしてくれたと伝えた “

「現在は、単に容量の問題である。この電源装置は、非常に複雑である。ダイムラー私たちのすべてのように、私たちは継続的に獲得することができない状況にある」

「物流の観点コストの観点r愛は、レッドブルの動力装置を供給することは不可能である。さらに、現在は、マーケティングティーンの観点からも電源装置サプライヤーチームと協力するために、大きなリー利点はなくある “

「それは私達がチームを購入した理由であり、電源装置のベンダーから続けていた理由である。我々はチームを持つことの利点を享受することができていると思う」

“エンジンを供給することは、私たちの優先順位ではない。私たちは、エンジンを構築し、それを自分のコンピュータに上げレースをしている。もちろん、お客様にエンジンを供給することにより、コストを補うという意味もありますがね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル

READ  原監督単独最多1067勝委託/中日戦ライブ詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close