メルトダウン12年後の福島原発、どうしたの?

1 min read

大熊, 日本(AP) — 福島第一原子力発電所で三重原子炉メルトダウンが発生してから12年が過ぎた今、日本は膨大な量の処理された放射性廃水を海に放出する準備をしています。

日本の管理者は、釈放が避けられず、すぐに始まると述べた。

排水を処理することは、工場を解体するための激しい作業よりも難しいことです。 その過程はほとんど進行せず、溶けた核燃料の除去は始まらなかった。

AP通信は最近工場を訪問しました。 以下は更新された内容です。

水排出の準備はどのように進んでいますか?

訪問中、AP記者は安全チェックのために水をサンプリングして分析するために30の巨大なタンクを見ました。 水を処理してテストした後に希釈するためのコンクリート施設が建設の最終段階にあります。 そこから水は海底トンネルを通って放出されます。

発電所の運営者である東京電機電力会社ホールディングスは、春までに施設を準備することを目指しています。 TEPCOは原子力規制当局の安全承認が必要です。 プロジェクトが国際基準を満たすように日本と協力する国際原子力機関は、放射が始まる前に日本に使節団を派遣し、報告書を発行します。

処理水とは?

2011年3月11日、震度9.0の地震が発生した巨大な津波は、発電所の電源と冷却システムを破壊し、1、2、3号機が溶けて大量の放射線を噴出させました。 原子炉炉心冷却に使用された水を原子炉建物の地下室に漏らし、雨水と地下水と混ぜた。

毎日発生する130トンの汚染水を集めて処理し、タンクに保存します。 現在、タンクは約1,000個で工場敷地の大部分を覆っています。 ろ過に使用された機械にちなんで名付けられた「ALPS処理水」の約70%には、依然として放出限界を超えるセシウムおよび他の放射性核種が含まれています。

TEPCOは放射能を安全なレベルに下げることができ、不十分に濾過された水は法的限界を満たすまで処理すると述べました。

三重水素は水から除去することはできませんが、少量では無害であり、すべての原子力発電所から日常的に放出されると管理者は言います。 それはまた他の放射性同位体と共に希釈されると彼らは言います。 水の放出は漸進的であり、三重水素濃度は発電所の事故前のレベルを超えないだろうとTEPCOは述べた。

なぜ水を放出するのですか?

福島第一は、2011年の災害後に汚染された水を処理するのに苦労しました。 政府とTEPCOは、タンクが溶融した燃料の破片や他の高度に汚染された廃棄物のための貯蔵スペースなどの施設を解体するための施設に置かなければならないと述べました。 タンクは96%満たされ、秋には137万トンの容量に達すると予想されます。

彼らはまた、別の主要な地震や津波の場合、汚染された水が漏れる危険を避けるために、制御され処理された方法で水を放流することを望んでいます。 それはサンプリングタンクからパイプを通って海岸プールに送られ、海水で希釈され、海底トンネルを通って海岸から1キロメートル(0.6マイル)離れた場所に放出されます。

安全上の問題は何ですか?

地元の漁業コミュニティは、彼らのビジネスと生活がより多くのダメージを与えると言います。 中国、韓国、太平洋諸島など周辺国が安全に対する懸念を提起した。

工場南の岩木で依然として事業が回復しているシーフードショップの主である岡川勝正は「水が放流されないのが一番良いだろうが仕方ないようだ」と話した。 大川はこれ以上の支障が長くないことを願って、今回の発表が人々が福島産の魚を食べるのに安心できることを願っていると述べた。

「私はその巨大なタンクがもっと不安だと思います」 大川が言った。 「次に誤って水が漏れた場合、福島の釣りは終わります。」

政府は福島漁業を支援し、放出による「評判損害」を解決するために800億円(5億8000万ドル)を割り当てました。

TEPCOは数百匹のヒラメとアワビを2つのグループに分け、1つは一般的な海水に、もう1つは希釈された処理水に入れて人々を安心させるよう努めました。 TEPCOのリスクコミュニケーターであるTomohiko Mayuzumiは、「この実験は、私たちが放流しても安全だと思われる処理された水が実際に生物に悪影響を及ぼさないことを人々が肉眼で確認するためのもの」と述べました。

ヒラメとアワビの放射能値は処理水にいる間上昇したが、一般海水に戻してから数日で正常値に落ちました。 これは、三重水素が海洋生物に最小限の影響を及ぼすことを示すデータを裏付けると実験を監督するTEPCOの関係者、Noboru Ishizawaが語った。

管理は、人間、環境、海洋生物への水の影響が最小限に抑えられ、30〜40年の解体プロセスを通じて継続される放出の前、途中、および後に監視されると述べた。 シミュレーションでは、海岸から3km(1.8マイル)以上離れたところでは放射能が増加しないことがわかりました。

科学者たちは、三重水素や他の放射性同位元素を食物連鎖を通して摂取することが、健康への影響が水で飲むよりも悪くなる可能性があり、さらなる研究が必要であると述べています。

クロスチェックはもう一つの懸念です。 TEPCOは、水サンプルはIAEAおよび政府支援日本原子力機関と共有されていますが、専門家は独立した交差確認を望んでいると述べました。

東京大学の放射線学者である渓川は、工場近くの移動禁止区域の様々な場所で地下水を分析したところ、三重水素やその他の放射性元素が地下水に漏れていることがわかりました。

放射能の高い水が抜けて海に散らばると追跡が不可能になり、日本だけでなく太平洋沿岸国の懸念が大きくなると彼は語った。 それと共に「私の考えに最も不足している部分が徹底的に処理されたことを他の国に見せるための持続的かつ科学的な努力がなければならない」と話した。

地球の友達など環境団体は釈放に反対している。 彼らは、米国のSavannah川廃棄物貯蔵所で使用されるように、凝固による水の長期貯蔵を提案した。

溶けた原子炉にはどのような進展がありますか?

原子炉内部には、大量の致命的な放射性溶融核燃料が残っている。 ロボットプローブはいくつかの情報を提供しましたが、溶けた残骸の状態はほとんど知られていません。

TEPCOの閉路部署長で清掃を指揮する小野明は、その作業が「想像できないほど難しい」と述べた。

今年初め、遠隔操縦水中車両は1号機の原子炉の内部から小さなサンプルを首尾よく収集しました。 3つの原子炉で溶けた燃料残骸約880トンに過ぎませんでした。 これは、1979年の部分的な炉心溶解後、Three Mile Islandの清掃から除去された損傷燃料の10倍です。

溶けた破片の試験除去は、ほぼ2年遅れてから、今年末に2号機から始まります。 1号機原子炉の冷却プールで使用後核燃料除去が10年遅れた後、2027年に始まります。 すべての使用後核燃料が除去されると、2031年に原子炉から溶けた残骸を除去することに焦点が当てられます。

2051年の完成目標は現実的ですか?

大野は目標が良い「マイルストーン」ですが、知られているものが少なすぎると言います。 政府は、それが何を意味するのかを定義することなく、解体を完了するための初期の30〜40年の目標に固執しました。

原子力発電所の解体の法的側面の専門家である大松氏は、過度に野心的なスケジュールは、工場労働者に不要な放射線暴露と過度の環境被害を招く可能性があると述べた。

一部の専門家は、2051年までに溶けた燃料の残骸をすべて除去することは不可能であると述べています。

READ  インド・太平洋体制の成功に不可欠なアメリカと日本の約束
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours