世界

モスクワ、米国がビザ目的でロシア人を「ホームレス」と呼ぶことに決め

モスクワ(ロイター) – ロシアは日曜日、米国が米国のビザを希望するロシア人を第3国でビザを申請することができる「ホームレス」のリストに追加した決定を非難しました。

モスクワのロシア大使館職員の雇用を禁止により、米国大使館が5月にほとんどのビザ申請処理を中断した後、これらの措置にロシア人は故国の代わりにワルシャワでは、米国のビザを申請することができました。

米国務省は、米国領事館がないか、政治や安全保障の状況により、領事館職員がビザを発給することができない国の「ホームレス」の申請者の一覧を表示します。

ロシアはキューバ、エリトリア、イラン、リビア、ソマリア、南スーダン、シリア、ベネズエラ、イエメンに次いで10番目の国となった。

マリア坂ロバ外務省のスポークスマンは、ソーシャルメディアの「米国の外交官は、何年もの間、ロシアの領事サービスシステムを破壊してきた」と書いた。

「彼らは、21世紀の日常的な技術手順を実際に地獄になりました。」

すでに冷戦後の最低点に到達した関係で、ロシアと米国は、互いの首都に派遣することができる外交官の数を置いて紛争を繰り広げており、今月会談で進展を成すんでした。

また、ロシアは、ロシア国民を雇用するために承認を受けなければなら「非友好的」国のリストに米国を含むせ、米国のクォータを0に設定しました。

会談でモスクワは、ここ数年の間に課されたすべての制限を解除する用意があると明らかにし、ワシントンは外交職員数とビザ相互性の同等性を望んでました。

(Maria Tsvetkovaのを見て、Matthias WilliamsとKevin Liffeyの編集)

READ  カナダの大量の墓:国がKamloops Indian Residential Schoolの敷地で児童有害発見を哀悼することにより、対策が必要です。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close