モナハンミドル級アロン・マッケナ、日本で賞金100万ドル入札

1 min read

McKennaは、7人の他のミドル級戦闘機と一緒に勝者全体のために100万ドル(922,250ユーロ)の賞金を競います。

当初早春に開かれる予定だった今回の大会は、今7月15日大阪で行われる8強戦から始まる。 試合はDAZNを通じて生中継されます。

今日の90秒スポーツニュース – 5月22日

現在、ロサンゼルスで訓練中のスミスボロボクシング選手は、過去8回の試合で無敗の23歳の米プエルトリコ出身のJeovanny Estelaに出会いました。 Estelaは14勝0敗のプロ記録を保有しており、そのうち5勝が距離内で行われました。

McKennaの18勝の半分が遠距離で達成されました。 彼は昨年WBCインターナショナルミドル級ベルトを獲得した。

今回の大会が多数の国内企業の財政的支援を受けて日本で開催される点を勘案すれば、予想通り参加ボクシング選手8人のうち3人が日本出身だ。 イギリスのボクサーキーラン・コンウェイと無敗のマーク・ディキンソンも参加する。

シリーズの各Fight Nightには、距離内で相手を阻止する成功した選手に提供される$100,000(€92,225)のノックアウトボーナスが与えられます。

一方、パリオリンピックの出場権を確保するために入札した7人のアイルランドのボクサーは、木曜日にバンコクのインドアリーナ・フアマークで開催される予選の試合で誰と対決するのかを知ります。

チームは月曜日、タイのホアヒンでドイツ、インド、アメリカ、キューバ、イギリスのチームと一緒にトレーニングキャンプを終えました。 これには、元アイルランドの世界チャンピオンであるエイミー・ブロードハースト(Amy Broadhurst)が含まれています。 モンゴル、スイス、ベルギー、ノルウェー、ニュージーランド 。

7人のボクサーはみんなミラノで開催された最初の予選トーナメントに参加しました。

パリチームを構成するための他の5人の入札者は次のとおりです。71kgの東京銅メダリスト、Aidan Walsh。 2023年10ヶ月間、ヨーロッパのゲームプレーヤーJenny Lehane(54kg)、Sean Mari(51kg)、Kelyn Cassidy(80kg)で3つのアイルランドタイトル(U22、Senior、Elite)を獲得した超ヘビーMartin McDonagh – そしてイタリアで行われた最初の予選トーナメントで深い印象を受けました。

オリンピック出場権を確保するために上位3位に入らなければならないキャシディを除いて、残りの6人はオリンピック出場資格を確保するために準決勝に進出すれば十分です。

約650人のボクサーが参加した中で最後の4強に進出するには、おそらく4勝が必要でしょう。 リングでのアクションは金曜日に始まります。

READ  2021年ラグビー競技チャンネル日程
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours