エンターテインメント

モノノケ姫:アメリカを慌てた傑作

25年前の今週の1997年7月12日、モノノケ姫が日本で初公開された時、それはマスターアニメーターであり監督の宮崎駿の出発を意味しました。 80年代後半、宮崎はキキの配達サービスやMy Neighbor Totoroのような映画で(同僚監督の高橋一夫と共に設立されたStudio Ghibliの成功と共に)彼の評判を築きました。 形式的には野心的なガレージのテーマが豊富な作品ですが、一般的に、トーンはしっかりと本質的に家族に優しいです。 しかし、90年代に何かが変わった。 まず、彼はスタジオジブリが自然の偉大さについて穏やかな映画だけを作るという普及した考えに固く固まり始めました。 「私はジブリが「甘い」または「癒される」という言葉を聞き始めた」と彼は映画製作に関する6時間のドキュメンタリーであるプリンセスモノノケ:映画が構想された過程で苦しんだ。 しかし、もっと意味深いのは、彼がますます呪われていると信じてきた世界に対する絶望が大きくなっていったのです。

ニューカッスル大学の日本学講師の吉岡史郎は「彼はかつて同情心の左派、民衆の力を信じていた人」と説明した。 「しかし明らかな理由で [the collapse of the Soviet Union, and the escalation in ethnic conflicts across Europe]彼の政治的信念は1990年代初頭に完全に揺れました。」

日本自体も実存危機を経験していた。 1992年80年代後半の経済好況であるバブル時代が爆発し、日本は無限の不況に陥りました。 3年後の1995年には、1922年以来日本を襲った最悪の地震である神戸地震が日本を襲った。 この地震により6,000人が死亡し、数万人の家屋が破壊されました。 それからわずか2ヶ月後、 オム・ジンリ教 東京メトロにサリンガス攻撃を加えて13人が死亡し、数千人が負傷しました。 泡時代の物質主義に飽きてしまった宮崎は、今や自然との関係と徐々に迫る霊的空虚感によって衝撃と混乱を経験している国に住んでいます。

吉岡は「子供のための面白くて軽い素材を私が作ってはならないという考えを始めた。何か実質的なものを作らなければならないようだ」と話した。

新しい怒り

日本の室町時代の14世紀を背景とするモノノケ姫は、死んでいくイノシシ神の憎しみで呪われた若い王子の足高が身につけられた鉄玉に堕落した話を聞かせてくれます。 「私の嫌悪な人間に耳を傾ける」とイノシシが言った。 「あなたは私の苦しみと憎しみを知るでしょう」 彼の呪いを解くために、足高は人生と死をもたらす力を持つ鹿のような森の精霊である石神を見つけるために地面を横切って旅します。

その過程で、足高はバランスのとれない世界を発見します。 謎の女エボシが運営するタタラの製鉄所コミュニティは近隣の森を荒廃して資源を探しており、猛烈なオオカミ神モロと彼女の野性的な人間娘サン(モノノケという名前はおおよその幽霊や亡霊に翻訳される)の怒りを呼び起こしています。 その間に挟まれたのは、「雪が曇っていない」状態で、この難しい世界を乗り越えなければならない足高です。 「私はいつもそれを愛していました。 [phrase]「とガイマンは言います。」悪によってぼやけず、恐怖にぼやけず、憎しみには曇りません。 あなたはそこに実際に何があるのか​​を見るだけです。」

宮崎監督の前作に比べて奇妙なスペクタクルと奇妙な暴力シーンでいっぱいの暗くて怒った映画だ。 手が切れます。 頭が切れます。 人間と動物の両方から血が吹き飛ばされます。 「私は暴力と侵略が人間として私たちの不可欠な部分だと信じています」と宮崎は一度 記者Roger Ebertに言った。。 「人間として私たちが直面している問題は、その衝動を制御する方法です。私は小さな子供たちがこの映画を見ることができることを知っていますが、私は意図的に人間に襲われた暴力からそれらを保護しないことにしました。」 実は、油っぽいワームのうねりの巣のように、怒りが爆発する呪われたイノシシ神は、怒りを制御するための宮崎自身の闘争に触発されました。

宮崎駿は自称矛盾の束だ。 彼の文章を読んで、インタビューを聞き、彼が言うことを見て、理想主義と虚無主義、楽観主義と絶望の間に閉じ込められたアーティストの肖像画を描きます。 彼は戦闘機に魅了された平和主義者です。 権威を滅ぼすが監督としては無慈悲に振り回すトリッキーなボス。 子供たちの精神を熱心に信じていますが、家で自分の魂を育てる場所がほとんどない父親。 生態学的に倫理的な生活を送るために苦労して闘う確固たる環境運動家。 彼は2002年日本作家の山織哲夫に、2014年の宮崎エッセイアンソロジーTurning Pointに再出版されたインタビューで、「マグロが並んでいるのを見ると、「うわー、人間がひどい」という気がする」と話した。 私マグロ、当然食べるから美味しい」

READ  ジーナ・カラーノ会談」万でリアーナ「出口とディズニーのベン・シャピロのインタビュー - 仕上げ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close