技術

モビリティイベントで再誕生した東京ショー

近年、日本の縮小している国内自動車市場が海外自動車メーカーの焦点としての光沢を失うことにより、東京ショーは新たなアイデンティティを求めています。

長田は「日本市場自体の魅力が落ちるのに比例して海外自動車会社の参加が減少したと思います」と述べた。 「私たちは彼らがイベントをどのように見ているのか心配しています。」

昨年6月、JAMAは「環境にやさしいデジタル」というテーマで、2023年に展示会を復活させ、日本自動車産業のCO2排出削減努力を見せることにしました。

しかし、より包括的なバナーである「移動性」テーマに切り替えました。

豊田のリーダーシップのもと、ショーは数年間の出席率が低下し、グローバルステージでますます無意味になり、崖の終わりから退いた。 ヨーロッパとアメリカの自動車会社が中国に関心を集め、国際展示会社の数が減少しました。

2019年のショーの最後の会合で、豊田は100万人の訪問者を誘致する目標を立て、130万人以上の出席者で12日間のショーを終えました。 これは1991年202万人に比べると、2017年77万1200人より70%も急増した数値だ。

しかし、国際的な参加は最低点に達した。 参加した唯一の主要なグローバルブランドは、Mercedes-Benz、Smart、Renault、およびAlpineでした。 そして、ルノーとアルパインの参加は、日本同盟パートナーである日産と三菱との連帯の表示だったかもしれません。 どちらのブランドも、輸入車の間でも微妙な役割を果たす現地市場への真の関心でした。

長田は「東京は100万人の訪問者を引き付けることができるため、グローバル自動車メーカーが日本のモビリティショーでショーケースを通じてブランドイメージを高めることができることを認識してほしい」と述べた。 「日本は、ビジネスや商業の場に加えて、モビリティ分野の大手国であることを証明するよう努めてまいります」

READ  今週、私たちは日本の地下に隠された家を公開しました

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close