トップニュース

モンデール奨学金の支援で日本で勉強しているセント Olafの学生 – St. Olaf College

Mondale奨学金の支援を受けて日本留学をしているSt. Olaf 学生

Sarah Thao ’24は、モンデール奨学金の支援を受けて東京の和田大学で秋学期を過ごしています。

St. Olaf Collegeの学生Sarah Thao ’24は、2022年秋にMondale奨学金を受けました。

モンデール奨学金 によって後援される Japan America Society of Minnesota(JASM)は、留学を通じて日本語と日本文化の知識を広げることに興味がある学部生に$2,000奨学金を授与します。 この賞は、日本大使を務めたウォルターモンデール元アメリカ副大統領の名にちなんで命名されました。

奨学金受益者は日本での経験についての短いエッセイを作成し、JASMニュースレターに掲載し、 Sヒン。 Thaoは他の4人の受賞者と一緒にアメリカに戻り、年次モンデール・ガラで演説する予定です。

専攻するタオ St. Olafの日本語と心理学、 当初、Joanne Quimbyアジア研究部教授が奨学金を導入しました。 Thaoは従業員とのつながり グローバル参加のためのスミスセンター St. Olafでモンデール奨学金の支援と海外進出の準備に大いに役立ちました。

彼女は秋の学期を東京の早稲田大学で勉強しており、そこで日本の文化と言語を探り続けたいと思っています。

「私は日本語をもっと流暢で自信を持って話す方法を学びたいと思っていましたが、これまで良く見えたここで過ごしながら、快適さから抜け出そうと努力しています」とThaoは言います。

ThaoはSt. オラフを卒業後、日本で学業を続けたいと思います。 彼女は現在、日本の大学で心理学の修士号を取得するか、日本の教育プログラムのいずれかに支援する予定です。

Thaoの前にMondale奨学金を受け取った最近のSt。 Olafの学生はRobert Hanson ’18でした。

READ  公務員に冬のボーナス、公務員の平均約65万円、3年連続で減少 - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close