世界

モーリシャスの重油流出としても大活躍「油吸着材「支援金2400万ウォン| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

インド洋の島国・モーリシャス海で起きた、日本の貨物船「若潮」の重油流出事故。 絶滅危惧種が多く生息する豊かな海に約1000トンの重油が広がり、甚大な被害が発生した。

そんな中、地元の油を吸収する「油吸着材「提供された。 開発したのは従業員わずか12人の「エムテックス」である。 担当者の竹ノ下友基部長は「ナノファイバーと呼ばれる人間の髪の毛よりも細い特殊繊維を素材としています。水を吸ってない油のみを吸収する技術を開発して、昨年から販売を開始しました、今回の事故では、政府関係者から連絡して、急いで20箱分約1トンの油を咲かせるほどを提供した」と言う。

実際の商品は、綿毛面のような形をしている。 水に浮いた重油は1回で、ほとんどが吸収されてかすかに残って油も2〜3回スッキリ。 水を吸っていないので、缶の中に強く押しても反発する感がある。 ちなみに、プラスチック素材を使用しているので、火の近くに溶けなくなってしまう。 使用後は、産業廃棄物処理とする。

今後、より多くの「油吸着材「モーリシャス伝達するために二つのクラウドファンディングこの開始した。 一つは、クラスのファンサイト “Makuake」で始めたもので、2400万ウォン以上サポートが集まった(既に終了)。 現在は、HPで公開している「モーリシャス緊急支援プロジェクト」が走っているところだ。

実際には “Makuake」で募集したクラブファンに元モーリシャスのために開設したのはなかったという。

「昨年佐賀県の豪雨災害に油流出事故が発生したとき、私たちの商品を19万枚程度提供したました。これからも緊急事態が発生した場合に役立つことができるよう、製品を生産確保するためのサポートページを開始し、あったが、今回の事故が起こったのです。それで、モーリシャスサポートに目的を変更して、予想以上に多くの支援を受けてい “(竹ノ下氏)

竹ノ下氏は、災害の商品提供の難しさにも言う。

「力になってたくて、することができるボランティアにしたいのです会社としてできることの限界もあります。佐賀の災害時には完全に寄付させていただきましたが、合計1億円程度の支出でした小さな会社であり、同じことをやり直してしまうと、会社がなくなってしまう(笑)。

今回で、モーリシャスに送信する場合、発送が到着するまでに時間がかかります。 飛行機で運べば速度は消すことができますが資金的な問題が大きい。 だからクラウドファンディングに対応すると、とても動きやすくなるんです」

現地での油の処理に対応するNGOも連絡して直接商品を送ることができ決めた。 モーリシャス環境回復に日本の技術が大きく貢献しているのだ。

READ  10月9日の革命家チェ・ゲバラが銃殺された日! 死様も素敵な... "フエゴ弱虫君ただ一人を殺すだけだ」 - TOCANA

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close