スポーツ

ヤクルト、セントラルリーグ連続優勝

読売新聞
東京ヤクルト・スワロスの高津新告監督が1日、東京神宮球場で開かれたセントラルリーグ優勝カップを抱いて勝利トスをしている。

東京ヤクルト(Tokyo Yakult)は日曜日の夜、東京神宮スタジアムで開かれた2位の横浜DeNAベイスターズ(Yokohama DeNA Baystars)を1-0で破り、日本プロ野球セントラルリーグ優勝を獲得した。

これはSwallowsの9番目のリーグ選手権であり、1992年と1993年にも優勝した2回目の連続優勝です。

ヤクルトのクリーンアップ打者 村上宗高はチーム優勝の原動力だ。 スラッガーは1964年、読売ジャイアンツの伝説的なオサダハルの記録に匹敵する55本のホームランを集めました。 チームはコロナウイルス感染のためにいくつかのコアプレーヤーの欠如で苦労しましたが、ヤクルトは1位の地位を維持しました。 5月から。

2020年シーズンからチーム監督を務めている高津申告は「チームを率いて年が重なるほど彼らがより良くなることを感じた」と話した。

Baystarsは日曜日の夜に2位を獲得し、読売ジャイアンツ、阪神タイガース、広島カフの3チームが3位になり、クライマックスシリーズ進出権をめぐって競います。

日曜日の夜9回末の同店である状況で、ヤクルトの新人外野手丸山和也はDeNAのエドウィンエスコバーを中堅水につなぎ、ピンチランナー塩見康太を2塁でホームに連れてきた。

ヤクルトの選手投手小川康宏は6イニングの間に強勢を見せ、3人の救援投手がベイスタスを無失点にした。

READ  日本、2023年度に国防予算73億ドル増額

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close