スポーツ

ヤクルト坂口1500安打…進化ずっと最後の近鉄獣 – プロ野球:日刊スポーツ

阪神大ヤクルト4回表ヤクルト無事1,2塁通算1500安打となる左前先制適時打を放った坂口は記念ボードを手に挨拶(撮影・前田充)

<한신 1-1 야쿠르트> ◇19日◇甲子園

ヤクルト坂口智隆外野手(36)が通算1500安打を達成した。 プロ野球129回目。 現役獣は最後の近鉄戦士達成された。

近鉄にドラフト1位で入団したプロ18年目。 試合後、最初に「私のような選手が長いように続けてきて、一つ一つ積み重ねていくには、いくつかの方々の支援がなければ、ここまで自分で行うことができていなかったと思うので、まずはサポートして受信した方々に感謝したいですね」と口にした。

生まれ変わった坂口が節目に到達した。 昨年の開幕カード阪神戦で四球を受けた左手の親指を骨折。 ベンチ裏で打撃手袋をとると、疲労真っ赤に染まっていた。 「2週間後に “とリハビリを開始したが、痛みは消えなかった。 結局、ヤクルト登録後少なくとも22試合出場8安打にとどまり、悔しいシーズンとなった。

プロ18年間で最もバットを握って振ったのが、過去のオフだった。 バットのグリップの形も変え、新しい打撃感覚を得た。 「怪我を以前より良くなっている。確かにステップアップしている」との反応を持って臨んだシーズンだった。 ここまでの本塁打数は、キャリアハイを更新する9つ。 「今までの感覚とトクロ戻るわけではない。昨年のリハビリから取り組んできた「こんなにやっと面」というのが浮上して新しくなった自分というものが少しずつ形が来ているのだろうかと思う」と話す。

1500安打を先制適時打で達成するのベンチは非常に興奮した。 後輩や同僚に尊敬する兄。 昨シーズンリハビリが続いていた時期も全てが復帰を待っていた。 大引啓次内野手(当時)は、坂口バットを「借りて」と試合に使用。 広岡野望内野手は坂口がクラブハウスのロッカーに置いて打撃手袋を遠征に持って行きました。 坂口のTシャツを着る裏方スタッフもあった。

今傷防止を飲まない日がない。 現役獣は最後の盟友戦士。 「私のような選手が1500安打を打って「坂口そうて鍛冶屋」と思っている人もたくさんいると思いますので。 地味に着実に積み上げてきた結果です。 私は数というのは、あまりにも意識したことがないので、(プロ)に入っても、いくつかヒットたいとかそういうことではなく、試合に出たいなという思いで、常にきた」と謙虚だが、しっかりと主軸をする。もうヤクルトに欠かせない多くの戦士である。 【保坂恭子】[호사카쿄코】

READ  フェルースタトペᆫ「メルセデスのR&D戦略は、レッドブルで動作し、「/レッドブルホンダF1ポルトガルGP木曜日の記者会見[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close