トップニュース

ヤフージャパン、不妊治療休暇の導入

インターネットポータルヤフージャパン(Yahoo Japan Corp.)は、労働者が1年の間に不妊治療のために休職することができるシステムを導入したと水曜日発表した。

約7,900人の正規職、契約社員や期間制労働者を対象としたシステムを介してYahoo Japanは、労働者が治療に集中できる環境を造成しようとします。

不妊治療は、働く人々に大きな負担を抱かせるので、多くの人が仕事のやり方を変えたり、まったく辞職します。

ヤフージャパンの従業員は、休暇中の給与が支給されないが、性別や結婚するかどうかに関係なく、システムを使用することができます。

従業員は、休暇を開始から1年の間に、最大3の部分に分けることができます。

新しい休暇は「妊娠サポート休暇制」と命名され、妊娠期間中に従業員を支援するという意志と不妊治療の過程を描いた会社の意志を込めた。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  発売日を迎えた「Xbox Series X」を体験 - 静かな動作および負荷などの速度が特徴 - CNET Japan

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close