トップニュース

ヤマハ、日本のオンライン観光のデモプロジェクトの開始

浜松、 日本の2020年2月10日 / PRNewswire / -Yamaha Corporationは、オンライン “ビデオツアー」と「リモートツアー」プログラムを開発しました。 両方のプログラムの人々が 日本の 家からリモートで安全に会社は2月にオンラインツアーの実証プロジェクトを進めている。 また、新しい「オーディオガイド/説明ガイド」アプリケーションのデモ 博物館などでCOVID-19感染のリスクを軽減するために安全に使用することができイトヌンヌンまた、入国旅行の再開に備えて行われる予定です。日本の

モデル事業は、2020年度文化芸術創造戦略事業と連携して文化庁委託による芸術文化収益強化事業の一環として進められている。 機関のプロジェクトの詳細については、専用のウェブサイトで確認することができます。 https://bunka-syueki.jp/


ノート: 「オーディオガイド/説明ガイド」のアプリケーションのデモでは、居住者と一緒に行われます。 日本の。 デモの後Yamahaは、外部施設を含む他の施設でのアプリケーションを使用できるようにすることを検討します。

日本の

Image1:

https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M100577/202102090790/_prw_PI1fl_sc4Zm46k.png

概要 1.誰の家で楽しむことができる「ビデオツアー/リモートツアー “ Yamahaは外出せずに自宅で観光を楽しむことができ、2つのタイプのツアーを提供しています。 「ビデオツアー」は、多言語字幕と複数のインタラクティブ機能でビデオのさまざまな場所を訪問することを可能にします。 「Remote Tour」は、人々が旅行を楽しむことができます。

日本の
リアルタイム映像を通じてまた参加者は訪れた場所に拍手と歓声を送ったり、「リモートツアー」を楽しみながら、スマートフォンのボタンを押すだけで、ヒントを送信することができます。 この機能は、Yamahaの独創的な技術である「Remote Cheerer」によって駆動される。 「OMOTENASHI GUIDE」アプリケーションを介して2つのタイプのツアーにすべて参加することができます。

「ビデオツアー」と「リモートツアー」の例(説明のためにのみ使用):

https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M100577/202102090790/_prw_PI2fl_qxOaiAC2.png

2.現場で使用できる多言語「オーディオガイド/説明ガイド」

Yamahaもデモを行います。 博物館や他の場所でCOVID-19感染症の危険性を避けるために安全に使用できる新しい「オーディオガイド/説明ガイド」の。 訪問者のスマートフォンを介して音声案内を提供する専用レンタル機器を共有して発生する可能性のある物理的な接触を減らすために役立ち、ガイドが近くで音声説明を提供する訪問者との間の密接な接触を減らすことができます。 この機能は、各施設で「OMOTENASHI GUIDE」アプリケーションを起動して使用することができます。

前の参照を参照してください。
Image2:

https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M100577/202102090790/_prw_PI3fl_gjG6SN48.png
詳細については、次のWebサイトをご覧ください。

SoundUDが提供するOMOTENASHI GUIDE: http://omotenashiguide.jp/en/

SoundUDが提供するリモート応援:

https://soundud.org/en/serviceinfo/remote-cheering-system-remote-cheerer-powered-by-soundud-beta/デモプロジェクトの専用ウェブサイト:https://bunka-syueki.jp/出典:Yamaha Corporation

READ  斎藤裕が涙のベルト獲得朝倉未来は最初の敗北あざ - 格闘技:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close