経済

ヤマハ、10年ぶりの新しいデザインは、内部回路を一新のAVアンプ「RX-V6A / V4A “4.5万円から – AV Watch

ヤマハは10年ぶりに外観デザインを一新しケースと内部回路構成も一から見直して映像と音質性能をさらに高めた7.1ch AVアンプ「RX-V6A」と5.1chモデル “RX – V4A」を発売する。 8K映像の通過も可能。 価格と発売時期は、「RX-V6A」が10月中旬に65,000円、「RX-V4A」が10月下旬に45,000円。

両方のモデルは、黒鏡面仕上げのフロントパネルを採用。 その中央に大型ボリューム・ノブを配置した。 ボタンの数を減らしたシンプルなデザインになっており、その型のロゴがたくさん並ぶともない。 「TVに美しく調和することはもちろん、現代のライフスタイルに合ったラックに設置してもインテリアの邪魔をせずにスペースをおしゃれに演出する」という。

また、入力内容や音場プログラム名、放送局名などの情報を表示するフロントディスプレイにフルドット液晶を採用。 日本語表示にも対応する。 ボリュームを操作するときの音量値や入力切替の名前などは、作業中に大きく表示するなど、使いやすさにこだわっている。

上位機のV6AオブジェクトオーディオDolby Atmos、DTS:Xデコードをサポートします。 また、Dolby Atmos Height Virtualizerにも対応。 ハイトスピーカーを設置していない5.1ch、7.1chシステムでも高さ方向を含む没入型音場を再生する。

2機種とも、自分の音場創生技術のシネマDSPを搭載。 映画や音楽、TV、ゲームなど、さまざまなソースに最適化された17種類のサラウンドプログラムを準備する。

V6Aは7.1chモデルであるため、内蔵パワーアンプの2ch分をフロントプレゼンススピーカーまたはサラウンド処罰kスピーカーに割り当て割り当て機能を使用して、実物のプレゼンススピーカーを使った「シネマDSP(3Dモード)」再生にも対応。

マイクを使用して、最大8での測定結果を総合評価して調査精度を向上させるマルチポイント測定室内の初期反射音を制御して、左右のスピーカーの設置環境の違いによる音質、音場の違いも補正する「YPAO-RSC 「が有効である。

7.1ch AVアンプ「RX-V6A」

5.1chモデル “RX-V4A”

両方のモデルは、HDCP 2.3をサポートします。 8K / 60p 4:4:4映像も通過することができる。 HDMI端子は、V6A 7入力1出力V4Aは4入力1出力を搭載。 8K映像に対応する入力端子は、このうちV6Aが3系統。 V4Aは4入力1出力のすべてをサポートする。 HDR画像はダイナミックHDRのHDR10 +にも対応します。 ロスレスオーディオとオブジェクトオーディオも転送することができeARCにも対応する。

HDMI 2.1に対応し、「ALLM(Auto Low Latency Mode)」、「VRR(Variable Refresh Rate)」、「QFT(Quick Frame Transport)」、「QMS(Quick Media Switching)」もサポートします。 画面のブラックアウトと表示の混乱を抑制したり、クイックコンテンツの切り替えを可能にしたり、遅延の減少などが可能である。

HDMI出力端子から電源供給能力を従来の150mAから300mAに向上。 今後の高速伝送に必要とされるアクティブケーブルに対応するためのもので、ケーブルの外部電源が必要になるという。

音質面の進化ポイント

電源部と内部配線、プリント回路基板のパターンなどの回路設計を刷新。 これは、従来のモデルよりもスルーレートを約2倍に改善した。 これはフラッグシップセパレートアンプ「MX-A5200」と同等のスルーレートが信号の追従性と安定性を大幅に向上、高解像度のソースなどの高周波を含む音楽信号の再現性を向上させている。

また、ヤマハのHi-Fiプリメインアンプとしても使用されている2ch仕様のバーブラウン、384kHz / 32bit DACをマルチチャンネル用にV6Aは4つ、V4A 3基搭載。 アナログ/デジタル完全分離された電源を採用することにより、SN感に優れた空間表現が可能になったという。

音の傾向は、V6Aが「広大な音場と迫力を感じさせる広い範囲の音 “V4Aは「精力的聴い心地よい音」を実現したという。

ネットワークオーディオ再生も

ネットワークオーディオ再生機能も搭載。 DSD 11.2MHz、PCM 384kHz / 32bitまでの高解像度再生にも対応。 Amazon MusicとSpotifyなどの音楽サービスを本体から直接受信再生することができる。

自分のワイヤレスネットワーク機能」MusicCast」にも対応。 専用アプリをスマートフォンやタブレットにインストールすると、MusicCast機器とAVアンプの間で音楽コンテンツの配信、共有、リンクが簡単にできるという。

音声アシスタントAmazon Alexa、Googleアシスタントにも対応して声の操作も可能である。 AirPlay 2またはBluetoothにも対応する。

最大出力はV6Aが150W / ch(8Ω)、V4Aが145W / ch(6Ω)。 HDMI以外の入力端子は、V6AがアナログRCA×4、光デジタル×1、同軸デジタル×1、USB×1、LAN端子×1 V4AはアナログRCA×3、光デジタル×1、同軸デジタル×1、USB ×1、LAN端子×1、両方のモデルは、無線LANを搭載。 AM / FMチューナーも内蔵する。

消費電力は、V6Aが360W、V4Aが260W。 外形寸法は435×377×171mm(幅×奥行き×高さ)、重量はV6Aは9.8kg、V4Aが8.8kg。

READ  日産、「ノート」をフルモデルチェンジ電車e-POWER搭載で価格は202万9500円 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close