ヤマハ、2023 Japan Mobility Showを控えて2つの新しいE-Bikeコンセプトを公開

Estimated read time 1 min read

2輪駆動グラブ電動自転車と電子式パワーステアリングを備えたマウンテンバイクの音はどうでしょうか?

ヤマハ Y-01W AWD

何らかの理由でオートバイ、ピアノ、オーディオ機器、電動自転車が必要ですが、すべて同じメーカーの製品でなければならないという条件がある場合は、ヤマハを選択する可能性が高いです。 日本企業は数十年にわたり、多くの産業分野でイノベーションの先頭に立っており、今後数日前に来た日本のモビリティショー2023を通じて、ヤマハはかなりのショーを披露する準備ができているようです.

プレスリリースでは、ヤマハは日本のモビリティショーを控え、電動自転車の1台ではなく2台を公開しました。 すでに2023年初めに公開された高性能YDX Moro 07電気マウンテンバイクなど印象的な電動自転車のリストを保有しています。 このブランドはまた、将来志向のスクーターのようなスタイルの電気モーフェドであるBoosterにも感銘を受けました。 今回は、ヤマハの最新コンセプトの電動自転車は、自転車中心の技術を全く新しいレベルに引き上げたいと思います。

ブランドが公開した最初のモデルはY-01W AWDです。 一見すると、この自転車は不必要に複雑なチューブの組み合わせのように見えますが、ヤマハはこのコンセプトが砂利とマウンテンバイクの間のギャップを埋めるためのものであると主張しています。 各ホイールに一つずつ2つの電動モーターが装備されており、四、四輪駆動の電動自転車です。 2つのモーターを補完するのは1つではなく2つのバッテリーで、充電間の長距離走行が可能です。

もちろん、ヤマハは、少なくとも日本のモビリティショーが開かれるまで、Y-01W AWDの技術的詳細の大部分を謎に包んだ。 それにもかかわらず、我々は提供された画像からかなりの部分を推論することができます。 たとえば、ドロップバー付きの滑らかで積極的なフレームとフロントサスペンションフォークがあります。 コンセプトモデルはヨーロッパ市場でスピードタイプの電動自転車に分類されると予想されます。 つまり、時速25km(時速15マイル)を超える補助最高速度を持つことになります。

公開された2番目のコンセプトバイクはY-00Z MTBで、カラフルな電子パワーステアリングシステムを活用した電動マウンテンバイクです。 デザインの観点から見ると、Y-00Z MTBは、ヘッドチューブに位置する電子式パワーステアリングモーターを除いて、通常のフルサスペンションマウンテンバイクと大きく変わりません。 マウンテンバイクはステアリングが重すぎるとよく知られていないので、この新しい技術の詳細については明らかに興味深いでしょう。

READ  SilkRoad Propertyが1億4,500万ドル買収で日本に進出
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours