経済

ヤマハ初の「自動車用ヤマハブランドのオーディオ」を採用。アクセル操作に応じて、「加速サウンド技術」搭載 – Car Watch

北京モーターショーで発表されたLynk&CoのEVコンセプトカー「ZERO Concept」は、量産車に「自動車用ヤマハブランドのオーディオ」が採用されている

ヤマハは9月28日、「自動車用ヤマハブランドのオーディオ」が地理グループ(地理)のLynk&Co(リンクアンドコー)ブランドのEV(電気自動車)に採用されることが決定したと発表した。「CASE」に象徴される新しい車の時代にふさわしいサウンド体験を追求した自動車用ヤマハブランドのオーディオの最初の受注事例になるという。

EVは自動車室内の静粛性化をもたらし、自動運転技術の発達は、余裕のある移動体験をもたらすにヤマハでは、CASE時代の茶室空間にする必要があり、サウンドの形を追求。 今回「音楽が生まれた瞬間の感動を送りたい」という思いのもと、「CLOSER TO THE ARTIST」をユーザーの経験に持って音楽の世界に浸れるスピーカーシステムとアンプモジュールを開発した。

アンプモジュールに搭載した独自の加速サウンド技術は、アクセル操作に応じてサウンドを作り出すことスポーツドライビングに興奮をもたらす。 「OTA(Over The Air)」による購入後のサウンドデータの更新にも対応し、より豊かで新しい経験が要求される現代の価値観に応えている。

今回の自動車用ヤマハブランドのオーディオを採用した地理グループLynk&Coは、ボルボとロータスなどを保有浙江地理ホールディンググループ(地理ホールディンググループ)での移動を変革続ける車のブランドで、2016年に誕生。 洗練された車両のデザインだけでなく、積極的なコラボレーションブランドが注目を集めて同じブランドの最初のモデル「01」は、オンライン販売で137秒で6000台を受注している。

自動車用ヤマハブランドのオーディオが搭載される車種は、その最初のEVプラットフォーム」(SEA Sustainable Experience Architecture)」を利用して開発が進められていること。 9月26日から開催される北京モーターショーで発表されたLynk&CoのEVコンセプトカー「ZERO Concept」の量産車として2021年に発売予定で、中国のみならず、ヨーロッパなどでの展開も予定と言う。

オーディオシステムの詳細

スピーカーユニットは、すべての楽器、ボーカル音を深く鮮やかに表現するために、振動板からエッジまでのスピーカーユニットの素材を厳選。 振動板の動きに着目した設計で、歪みを抑え楽器の倍音を美しく響かせる。 自動車専用に割り当てられたユニットの再生帯域はボーカルを目の前に浮かび上がらせ、ベース楽器の躍動感を深く豊かに送る。 スピーカーの配置と方向にも自動車と検討を重ねクリアな音質を実現した。

アンプは、オーディオ信号の伝送技術である「A2B」に対応。アナログ変換を経ずに、そのままデジタル信号をアンプに送ることで、より鮮明な音を再現する。また、その既存のオーディオDSPを搭載し、さまざまな機能を提供する。

車内は、複雑な音響空間であり、すべての座席に最高のサウンドを提供するために、高度な信号処理が必要である。 だからPA機器やレコーディング機器の開発や製造で蓄積された技術を基に独自開発した信号処理技術「Phitune(ファイルチューン)」を自社のDSPチップを搭載。曇りのないサウンドをすべての座席に送ることを可能にした。

また、加速度サウンド技術で伝統のあるエンジン音で新しいEV加速音まで走行に連動したさまざまな加速サウンドを提供する。 自動車のコンセプトを徹底的に聞いて、ヤマハのエンジニアがシンセサイザーを使用して、最初から音源を制作。 旅行の音源再生過程で電子楽器で培った技術を応用して、アクセルペダルの動きや車の速度情報から波形データを組み立てる円滑加速音を車内に狂わせる。

また、無線通信でのソフトウェアの更新」OTA(Over The Air)」にも対応。車を駐車する時に、オーディオ設定データや加速音コンテンツが更新され、次の車に乗って新しいサウンド体験が始まる。所有の経験に変化する現代の価値観に応える機能とする。

「自動車用ヤマハブランドのオーディオ “

ヤマハ執行役IMC事業本部長藤井茂樹氏は、「ヤマハは、約130年に渡って、楽器、PA機器Hi-Fiオーディオなどを開発してきました。お客様に感動をプレゼントする中で培われてきた技術は、変革期にある自動車産業でも生かすことができると思います。車に向けては、以前よりも信号処理LSIを開発・販売してきました。そこにヤマハが誇るスピーカーやアンプの技術を融合させ、自動車用オーディオシステムを完成させました。お客様の感動体験を意味するブランドの約束」Make Waves」を車の中でも実現するための事業を展開していく」と述べたている。

READ  [길이 4m 미만]フィアットパンダクロス4×4小型SUVの限定車10/24発売の| AUTOCAR JAPAN

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close