経済

ユニクロオーナー、円安でフリース商品価格引き上げ

2020年11月6日日本東京の小売業者プレスルームにユニクロがドイツデザイナーJil Sanderと新たな提携を結んだコラボレーベル+Jの服が展示されています。 REUTERS/Ritsuko Ando

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、6月7日(ロイター) – 日本の衣類ブランドユニクロ(Uniqlo)の所有者が、火曜日の円安と物流問題によるコスト圧迫の増加を反映して、今秋の一部製品の価格を引き上げると述べた。

秋/冬の製品ラインのフリース製品とダウンジャケットの価格は、サポートニュースサービスの以前の報道後に1,000円(7.54ドル)引き上げられると広報担当者が確認しました。 同社はまた、コストを削減するためにフリース製品のリサイクルポリエステルの使用を増やしています。

日本の消費者物価は数十年のデフレ以来急上昇しています。 円の価値がドルに対して20年来最低水準に下落し、エネルギーコストが高まったことによるものです。 もっと読む

Fast Retailingは、数十年にわたって靴下や下着などの安価な基本製品で競争してきましたが、最近、経営陣は生産コストの上昇で価格の上昇を避けていると警告しました。

創設者である柳井泰(Tadashi Yanai)は去る4月、日本円の弱さに対して「絶対円の価値がない」と批判した。 もっと読む

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京でキム・チャンランとRocky Swiftの報告。 サイモンキャメロンムーア編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  「家具年収1500万で大きな収入の減少 "住宅ローン"月57万」の返済不能に大きな誤算無駄三昧の外傷生活費15万円圧縮| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close