ヨア消費「アイドル」18週目日本ホット100 1位 – ビルボード

1 min read

ヨア消費の「アイドル」は8月16日、ビルボードジャパンホット100チャートで18週連続1位記録を更新した。

探る

探る

最新のビデオ、チャート、ニュースを見る

最新のビデオ、チャート、ニュースを見る

YOASOBIの綾瀬とイクラは今月毎週週末ごとに異なる音楽祭で公演をしながら忙しく過ごしています。 ロサンゼルスの88rising’s Head in the Cloudsで公演を終えて帰ってきた二人は、去る8月13日Rock in Japan Festivalで舞台に上がりました。 5日間のイベントを締めくくるヘッドライナー公演は土曜日(8月19日)マウンテンステージを強打する最後の公演でサマーソニックのヘッドラインを飾る予定です。

「アイドル」はスコア全体で下落を見せていますが、ダウンロード、ストリーミング、動画再生回数、カラオケを引き続き支配しています。 それだけ 忍野子 オープナーはラジオで17勝24敗を記録したが、総点を加えるとJapan Hot 100 2位トラックの約1.7倍になります。

北谷達也の「Where Our Blue Is」は浮上するシンガーソングライター ジュジスカイセン 8月10日、Rock in Japanでシーズン2開幕。 このトラックは10,149の単位でダウンロード3位を維持し、9,982,812の週間ストリームでストリーミングで3-2位を占めました。 この曲は今週のラジオを除くすべての部門で良い成績を収めています。 実物販売ランキングは38位、動画ランキングは8-6位、カラオケ順位は74-62位、ラジオ順位は27-32位です。

LattoがフィーチャーしたJung Kookの「Seven」は3位を続けた。 このトラックは、ダウンロード2,940ユニットで14-17位、ストリーミング9,808,590ストリームで2-3位、ラジオ9-16位、ビデオ3位を維持します。 。

今週10位以内に2曲が進入した。 Kanjani Eightの「Okami to Suisei」(Wolf and the Comet)は8月9日発売後、初週に150,848枚を販売して4位に上がりました。 YuzuのYujin Kitagawaが作曲したMeychanの「Enjoy」は、ヒット後6位に上がった。 9,025,257ストリーミングでストリーミング4位。 オンラインイベントとサインやその他の賞品獲得キャンペーンで力を獲得しました。

Billboard Japan Hot 100は、物理販売とデジタル販売、オーディオストリーム、ラジオ放送、ビデオ視聴回数、カラオケデータを組み合わせたものです。

8月7日から13日までに1週間を集計したビルボードジャパンホット100チャート全体をここで確認してください。 日本の音楽とチャートの詳細については、次をご覧ください。 ビルボードジャパン英語Twitterアカウント

READ  日本:Final Fantasy XVIはまだNo.1ですが、Xenoblade 3は最新のFamitsuからNo.2に上がります。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours