ヨア消費(YOASOBI)の「アイドル」、ジャパンホット100最多週間共同1位 – ビルボード

Estimated read time 1 min read

ヨア消費の’アイドル’が7月12日付ビルボードジャパンホット100で13週連続1位を占め、1位記録にもう1週を追加した。

全体のポイントは 忍野子 オープナーは衰退しており、7週間連続のストリーミング、ビデオ視聴回数、カラオケを支配し続けています。

YOASOBI、ヒットシングル「アイドル」の新しい英語版を共有:ビデオを見る

「Idol」は現在、Official HIGE DAndismの「Subtitle」とともに、ほとんどの週の間に日本ホット100で1位を維持しており、来週は歴代最高記録を更新することができます。

Travis Japanの3番目のデジタルシングル「Candy Kiss」がJapan Hot 100で2位にデビューします。 このシングルは7月3日に発売され、様々なプラットフォームでのダウンロードキャンペーンのおかげで46,077ユニットでダウンロード1位になり、3,985,321ストリーム(18位)。 このトラックはまたラジオ放送で19位、ビデオで55位を記録しました。

SKE48の「Suki ni nacchatta」は「Candy Kiss」と52点差で3位を占めた。 436,514枚のトラックルール販売が販売され、ラジオ部門でも3位を記録しました。

今週の日本ホット100トップ10のもう一つのデビュー作は、テレビアニメのオープナーである北谷達也の「清涼のスミカ」です。 ジュジスカイセン 7月6日に放送を開始したシーズン2。このトラックは8位でデビューし、23,205ユニットでダウンロード2位、3,789,286ストリームでストリーミング23位を記録し、7月19日に実際の発売前に良い出発をしました。

Billboard Japan Hot 100は、物理販売とデジタル販売、オーディオストリーム、ラジオ放送、ビデオ視聴回数、カラオケデータを組み合わせたものです。

ここで7月3日から9日までの週を集計した全体のビルボードジャパンホット100チャートを確認してください。 日本の音楽とチャートの詳細については、次をご覧ください。 ビルボードジャパン英語Twitterアカウント

READ  野党代表、日本与党を非難する
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours