経済

ヨーロッパでToshibaユニットハッキング、大企業の戦略的検討進行

Toshiba Corp(6502.T)の部門がランサムウェア攻撃を受けて、大企業の戦略的な検討発表と楽観的な収入予測が遮られました。

POSシステムとコピー機を作るToshiba Tec Corp(6588.T)は、米国FBIがColonial Pipeline攻撃を非難したグループであるDarkSideによってハッキングされたと、フランスの子会社が明らかにした。

最小限の作業データのみが失われたとします。

ロイターは、金曜日にDarkSideの公開ウェブサイトにアクセスすることはできません。 セキュリティ研究者は、DarkSideの複数のWebサイトへのアクセスが中断されたと言いました。

ランサムウェア攻撃は、ハッカーがデータを暗号化し、これをロック解除するためのパスワードの通貨での支払いを要求し、需要と需要が増加しました。 彼らはより多くの盗まれたデータを公開したり、より多くのお金を払っていないと威嚇します。

アメリカの植民地の事件の捜査官は、攻撃のソフトウェアは、ロシアのユーザーが含まれて旧ソ連のハッキング目標を避けるDarkSideによって配布されたました。 DarkSideは「関連会社」が他の場所のターゲットをハッキングして、ランサム交渉とデータ公開を処理します。

戦略的検討

これとは別に、過去数年間の一連のスキャンダルと格闘しなければならいた東芝は、企業価値を高めるための戦略検討委員会を構成し、UBS(UBSG.S)を財務アドバイザーに任命したと発表した。

この動きは、東芝が物質が不足していると言った大企業を私募にするというCVC Capitalの200億ドルの提案によるものです。 CVCは経営陣を維持すると述べ、この提案は、活動家の株主から元CEO信昭クールマタ君を保護するために設計されたもので、会社の一部によって認識された。

以来、同社は、潜在的な求婚者から明示的に提案を求め、戦略的検討を行うよう主要株主の要求に直面していました。

消息筋によると、KKR&Co Inc(KKR.N)とBain Capitalのような他のサーモ投資家もToshibaに関心があるとします。

朝日新聞は先週の金曜日ベインキャピタルが東芝の引数を考慮していないと報道した。 ベインキャピタル、日本代表の維持モットー維持とのインタビューを引用した。

金曜日東芝は昨年大流行による痛みと構造調整措置が実を結び、年間営業利益が1,700億円(16億ドル)で63%増加すると予想した。

過去一年間Toshibaは、営業利益が20%減の1,044億円を記録しました。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の工場の活動の契約は、ウイルス抑制、経済ニュース、主要ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close